Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

ジャンニ・ヴィローネ&ファビオ・ジャキーノ コンサート Rising Sun Connection

ジャンニ・ヴィローネ&ファビオ・ジャキーノ コンサート Rising Sun Connection

2018 年 7月 24 日

ジャンニ・ヴィローネ サックスファビオ・ジャキーノ ピアノトリノ在住のふたりのミュージシャン、ヴィローネとジャキーノは、新世代のイタリアジャズを代表するデュオとして注目を集めています。本コンサートでは、オリジナル曲を演奏し、インプロヴィゼーションに満ちたジャズならではの音やリズム、また、クラシック音楽のような音色が響く個性的なステージを繰り広げます。演奏曲目North...

ステファノ・グッツェッティ・アンサンブル コンサート  Short Stories

ステファノ・グッツェッティ・アンサンブル コンサート Short Stories

2018 年 7月 13 日

ステファノ・グッツェッティ  ピアノサラ・メローニ  ヴァイオリンジュリア・デッシー  ヴィオラジャンルーカ・ピスケッダ  チェロ2016年にイタリア文化会館でピアノ・ソロコンサートを行い、成功を収めたステファノ・グッツェッティが、ストリング・トリオとともに帰ってきます。本コンサートでは、これまでリリースしたアルバムや手がけた映画音楽のなかから選りすぐりの作品を届けます。イタリアを代表する漫画家イゴルトによるグラフィックノベルJapanese...

コンサート「音楽の道 イタリアから日本へ フルートの現在」

コンサート「音楽の道 イタリアから日本へ フルートの現在」

2018 年 7月 11 日

カテリーナ・ストッキ フルート竹田 圭吾 ピアノ櫻本 歩美 フルートプログラム アルフレード・カゼッラ(1883-1947)  バルカローラとスケルツォ(1903)クラウディオ・アンブロジーニ(1948-)  シリアの射手のごとく(1981)ステファノ・アレッサンドレッティ(1980-)  寓話(2018) *世界初演マリオ・ピラーティ(1903-1938)  ソナタ(1922-27)ラウル・マズ(1992-...

クレモナ弦楽四重奏団 ストラディヴァリウス「パガニーニ・クァルテット」を奏でる 珠玉のコンサート

クレモナ弦楽四重奏団 ストラディヴァリウス「パガニーニ・クァルテット」を奏でる 珠玉のコンサート

2018 年 7月 06 日

クリスティアーノ・グアルコ  ヴァイオリンパオロ・アンドレオーリ  ヴァイオリンシモーネ・グラマッリャ  ヴィオラジョヴァンニ・スカリョーネ  チェロ2000年の結成以降、世界各地で活躍するクレモナ弦楽四重奏団。アントニオ・ストラディヴァリが1680年から1736年にかけて製作し、ニコロ・パガニーニが所有していたことで知られる4挺を使用し、プッチーニ、レスピーギ、ヴァッキ、ベートーヴェンの曲を演奏します。プログラム ジャコモ・プッチーニ...

講演会「詩人レオパルディと出会う ペシミズムと《無限》、日本での受容」

講演会「詩人レオパルディと出会う ペシミズムと《無限》、日本での受容」

2018 年 6月 29 日

講師:土肥 秀行(立命館大学文学部教授)古田 耕史(早稲田大学グローバルエデュケーションセンター准教授) ジャコモ・レオパルディ(1798-1837)は、イタリア文学史上で最も重要な抒情詩人・哲学者のひとりと見なされています。イタリア中部の町レカナーティで伯爵家の長子として生まれたレオパルディは、少年時代から学問を志し、父親の蒐集した1万2千冊を超える古今の書物を渉猟することで該博な知識を身につけました。非常な病弱であったことや母親から愛情を注がれなかったことなど、彼の不幸な人生はその思想に大きな影響を与えたと言われています。本講演では、ふたりの専門家が、代表的な詩を読み解きながら、レオパルディのペシミスティックな世界観について論じます。また、多数の著作のうち、主要作の詩集『カンティ』と、対話篇を中心とした散文作品集『オペレッテ・モラーリ』が、2006年に日本でもようやく全訳出版されましたが、一世紀前の日本の作家たちは英独訳を通してレオパルディに接し深く感銘を受けていました。大戦間期には「厭世」詩人として、広く大衆の支持を得てもいます。日本におけるレオパルディ像もこの講演会のテーマです。*講演会は日本語のみで行われます。お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

日伊シンポジウム「水の都市と持続可能な発展 ヴェネツィアと東京」

日伊シンポジウム「水の都市と持続可能な発展 ヴェネツィアと東京」

2018 年 6月 28 日

3年前に、ヴェネツィア・カ・フォスカリ大学において、ヴェネツィアと東京の水都比較の国際シンポジウムが開催され、その成果はすでに英文で刊行されています(R....

マッテオ・チョニーニ パントマイム公演「言葉もなく!」

マッテオ・チョニーニ パントマイム公演「言葉もなく!」

2018 年 6月 25 日

国際シアターパントマイムフェス2018に参加するため来日するマッテオ・チョニーニが、これまで世界各地で70回以上上演し、大成功を収めてきた演目「言葉もなく!」を披露します。設定は空想のなかの機上。機内ではCAが搭乗者(=観客)に3つのストーリーを語ります。SNSの時代に孤独を感じる男、自分を操る人や糸を見つけるマリオネット、そして、狂乱した音楽を落ち着かせようとする風変わりな指揮者の物語です。愉快で詩趣に富んだ、感動的な公演です。パントマイム:マッテオ・チョニーニ演出:パトリツィア・ベザンティーニ音楽:アルベルト・モンペッリョ照明・音響:マーラ・スカリューゾお申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

ビサンティ&ガザーレ講演会「《イル・トロヴァトーレ》の魅力を語る」

ビサンティ&ガザーレ講演会「《イル・トロヴァトーレ》の魅力を語る」

2018 年 6月 19 日

バーリ歌劇場の初来日に伴い、イタリア内外の一流歌劇場に客演して絶賛を博している俊英で同歌劇場常任指揮者のジャンパオロ・ビサンティ氏とイタリアを代表するヴェルディ・バリトンとして活躍するアルベルト・ガザーレ氏による講演会を開催します。《イル・トロヴァトーレ》を中心に、ヴェルディ・オペラおよびバーリ歌劇場の魅力について語ります。また、ガザーレ氏による歌のデモンストレーションも行われる予定です。通訳:井内美香司会進行:加藤浩子ピアノ:間嶋純子全席自由 ¥2,000お問い合せ:日本ヴェルディ協会...

第54回日伊声楽コンコルソ2018

第54回日伊声楽コンコルソ2018

2018 年 6月 13 日2018 年 7月 03 日

日伊声楽コンコルソは、次世代の日本オペラ界を担う人材発掘を目指して行なわれる、国内有数の声楽コンクールです。...

Tags:

音楽

バロック音楽コンサート

バロック音楽コンサート

2018 年 6月 07 日

ここ50年のバロック音楽の研究により、忘れ去られていた作曲家の作品に光が当てられるようになってきました。知名度では劣っていても、どの作曲家も、17世紀から18世紀にかけて花開いたこの音楽を形成するモザイクの素晴らしい一片となっています。本コンサートでは、3人の演奏家が、普段なかなか聴くことのできない作品を中心に披露します。ルイジ・アッカルド チェンバロニコラ・ブロヴェッリ バロックチェロディエゴ・レヴェリッチ アーチリュート プログラムF....

クレモナ・ヴァイオリン・フェスタ

クレモナ・ヴァイオリン・フェスタ

2018 年 6月 03 日

12:30(開場 12:00)第1部講演「クレモナ弦楽器製作秘話:ストラディヴァリから現代までクレモナヴァイオリン製作400年の伝統と進化」講師:ステファノ・コニア(クレモナ弦楽器製作者)お申し込み方法:こちらをクリックしてください。14:00(開場...

Seminario sulla Carta Costituzionale italiana

Seminario sulla Carta Costituzionale italiana

2018 年 5月 29 日

In occasione del Settantesimo anniversario della Carta Costituzionale italiana, entrata in vigore il 1° gennaio 1948,...

コンサート ジャズに捧げる歌

コンサート ジャズに捧げる歌

2018 年 5月 23 日

イタリアのみならず、ヨーロッパのさまざまなジャズシーンで活躍するジェノヴァ出身のアレッシオ・メンコーニとマッシミリアーノ・ロルフ。香港、広東、上海、北京などをまわるアジアツアーの一環として東京でもコンサートを行うことになりました。長年にわたり友情と音楽の絆で結ばれたふたりが創り出す、独特のスウィング、サウンド、インプロヴィゼーションが、卓越した表現力とともに、アメリカンジャズやイタリアジャズのスタンダードのメロディーや、ブラジル音楽の独特のリズムのなかに現れます。本コンサートでは、コール・ポーター、ジョージ・ガーシュイン、ヘンリー・マンシーニ、エンニオ・モリコーネ、ニーノ・ロータ、アントニオ・カルロス・ジョビン、ドメニコ・モドゥーニョ、ジーノ・パオリなどの作品を演奏します。カンツォーネとして知られるイタリアンポップスも、彼らの独創的な音の世界で生まれ変わる魅惑のステージをお楽しみください。アレッシオ・メンコーニ ギターマッシミリアーノ・ロルフ ベース お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

コンサート ジュリオ・ブリッチャルディの音楽-イタリアへのオマージュ

コンサート ジュリオ・ブリッチャルディの音楽-イタリアへのオマージュ

2018 年 5月 21 日

1818年、イタリア中部の都市テルニで生まれたジュリオ・ブリッチャルディは、父親のもとでフルートを学び始めます。父親の死後、フルート奏者になるためローマに向かいます。若い頃から才能を発揮したブリッチャルディは、わずか15歳で、サンタ・チェチーリア音楽院でフルートの教師になります。その後、ヨーロッパ諸国やアメリカで演奏活動をしながら、ミラノ、ウィーン、フィレンツェでも教鞭を執りました。フルートの改良にも努め、1852年には、現在でも「ブリッチャルディ・キー」と呼ばれるキーを考案しています。また、オペラ作品をフルートとピアノのために編曲し、イタリアオペラを世界に広めることにも貢献しました。本公演では、イタリア国内外で活躍するフルート奏者クリスティーナ・パロンバが、ピアニストのファビオ・ベレッリーニとともに、フルートの一時代を築いたブリッチャルディの作品と、ガエターノ・ドニゼッティの作品を演奏します。クリスティーナ・パロンバ フルートファビオ・ベレッリーニ ピアノプログラム G....

イタリア映画祭2018

イタリア映画祭2018

2018 年 4月 28 日2018 年 5月 05 日

「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年に始まったイタリア映画祭は、今年で18回目を迎えます。毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベントになりました。今回上映するのは、2017年以降に製作された日本未公開の新作14本。それに加えて、新作と関連があり、日本でなかなか観られる機会がない旧作5本をアンコール上映します。 公式ホームページはこちら上映スケジュールはこちら お問い合せ:050-5542-8600...

ロザリオ・ジュリアーニ・カルテット ジャパンツアー Cinema Italia

ロザリオ・ジュリアーニ・カルテット ジャパンツアー Cinema Italia

2018 年 4月 19 日

出演:ロザリオ・ジュリアーニ(サックス)ルチャーノ・ビオンディーニ(アコーディオン)ジョー・ラ・バーベラ(ドラムス)金澤英明(ベース) イタリア映画音楽の名曲の数々を生み出したニーノ・ロータとエンニオ・モリコーネの作品を演奏します。曲目:「道」、「ニュー・シネマ・パラダイス」、「8...

デュオ・ロスピリョーズィ&フランチェスコ・ディ・フィオーレ&ヴァレリア・ディ・マッテオ コンサート

デュオ・ロスピリョーズィ&フランチェスコ・ディ・フィオーレ&ヴァレリア・ディ・マッテオ コンサート

2018 年 4月 17 日

3人の演奏家が奏でる音楽とビデオアーティストによる映像が一体となったステージです。取り上げる音楽は、バロック音楽からミニマルミュージックまでと幅広く、演奏中、ステージ上のスクリーン映し出された映像が演奏を彩ります。   お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

世界イタリア科学研究の日

世界イタリア科学研究の日

2018 年 4月 15 日

展示会「宇宙技術 星から福島の安全確保へ」およびセミナー2018年、イタリア教育大学研究省とイタリア外務・国際協力省は、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)の誕生日、4月15日を「世界イタリア科学研究の日」に設定し、科学に関するイベントを世界各地で開催することになりました。東京では、イタリア文化会館にて、宇宙研究用に開発され、その後、福島の事故後にも活用されることになった装置などの展示を行います(14:00-18:00...

講演会「歴史を壊し、未来を想像する画期的方法とは」

講演会「歴史を壊し、未来を想像する画期的方法とは」

2018 年 4月 14 日

Made in Italyはいまや、上質な生地、洗練された仕上げ、バランスのよいシルエットをコレクションに生まれ変わらせることを保証する、世界的なトレードマークです。しかし、真の“イタリア製”の署名は、小規模の家族経営からスタートしたイタリアンブランドを起源としています。ファッションが現代のワードローブへと発展を遂げる間に、これらのブランドは、競争率の高いグローバルな市場で顧客のさらなる期待に応えるという厳しい挑戦に立ち向かってきました。ブランドをアイコン化したかつてのクリエイティブな先駆者たちと、かれらのアーカイブは、どのように再考されうるのでしょうか。そして、クリエイティブディレクターは、ブランドの新しい美を形づくるためにどこまで境界線を広げることができるのでしょうか。 (日本語逐次通訳付)   プログラム: 16:00~16:30 ファッション・デザイン専門学校 イスティトゥート・マランゴーニの紹介 16:30~17:50 講演「歴史を壊し、未来を想像する画期的方法」 17:50~18:10 Q&A   お申し込み方法:こちらをクリックしてください。 お問い合せ:...


920