Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

Concerto di Davide Alogna (violino) e Tanaka Motoko (arpa)

Concerto di Davide Alogna (violino) e Tanaka Motoko (arpa)

2016 年 4月 07 日

Davide Alogna, giovane ma affermato solista, è riconosciuto come uno dei talenti più interessanti e completi della sua...

L’Italia di Shakespeare

L’Italia di Shakespeare

2016 年 4月 04 日

Conferenza di Nadia Fusini   L'Italia è una location alla moda nel Rinascimento inglese. Un'ondata di cosmopolitismo...

Conferenza in occasione della mostra “Caravaggio”

Conferenza in occasione della mostra “Caravaggio”

2016 年 4月 02 日

Conferenza del Professor Miyashita Kikuro, uno dei maggiori esperti di Caravaggio in Giappone, in occasione della mostra...

イタリアブックフェア 2016

イタリアブックフェア 2016

2016 年 3月 31 日2016 年 4月 16 日

日本語で読むイタリア イタリア関係の本をまとめて手にしていただくまたとない機会で、春の恒例となった「イタリアブックフェア」は、第8回を迎えます。今年も2013年以降に出版された約700点のイタリア関係の日本語の本のほか、イタリア語書籍やCD,...

上映会「Grand’Italia 2016 現代イタリアのカリスマたち」

上映会「Grand’Italia 2016 現代イタリアのカリスマたち」

2016 年 3月 31 日2016 年 4月 08 日

企画・監修・インタビュー:フランコ・マルコアルディ 昨年に引き続き、詩人で作家のフランコ・マルコアルディが長年にわたりイタリア各界を牽引してきた人物を取り上げ、インタビューを中心に構成した「GRAND’ITALIA 現代イタリアのカリスマたち」の上映会を開催します。マルコアルディが企画と監修を務める同シリーズの第2弾となる今回取り上げるのは、作曲家ニコラ・ピオヴァーニ、映画監督パオロ・ソレンティーノ、写真家マリオ・ドンデーロ、バレリーナのアレッサンドラ・フェッリ、理論物理学者カルロ・ロヴェッリ、ヨットレーサーのジョヴァンニ・ソルディーニの6人です。各作品約30分で、各日2本ずつ3日に分けて日本語字幕付で紹介します。それぞれ、本人へのインタビューに加え、友人や仲間など縁のある人の話や、仕事中の様子を撮った映像も盛り込まれており、その人物像がより趣深く伝わってきます。 なお3月31日と4月1日には、マルコアルディがこのシリーズを作った意図や撮影中のエピソードなどを語ります(日伊逐次通訳付)。また4月8日には上映前に、C.ロヴェッリの著書『がらりと変わって見える物理の本』の翻訳者、関口英子氏による解説があります。上映スケジュール 3月31日(木)ニコラ・ピオヴァーニ、パオロ・ソレンティーノ  4月1日...

クラウディオ・フィリッピーニ・トリオ

クラウディオ・フィリッピーニ・トリオ

2016 年 3月 24 日

ジャズコンサート 現在ジャズシーンで注目を浴びるピアニスト、クラウディオ・フィリッピーニが、10年前から共に活動するルカ・ブルガレッリとマルチェッロ・ディ・レオナルドとともに、ジャズの名曲を独自のスタイルでアレンジした作品からなる最新アルバムSquaring...

Piano book

Piano book

2016 年 3月 22 日

ステファノ・グッツェッティ コンサート ステファノ・グッツェッティの音楽は、現代のミニマリズムの要素を取り入れたロマン主義に根付いています。グッツェッティはしばしば、ネオクラシック音楽の新潮流をなすと考えられますが、作品のなかに、地中海を想起させる要素を盛り込み、つねに変化を遂げる独自の表現を追求しています。本公演では、グッツェッティならではの、穏やかで透明感のある美しいメロディーの数々を奏でます。 プログラムScusaWombAll...

東北、あれから5年

東北、あれから5年

2016 年 3月 20 日

メモリアル チャリティー コンサート イタリアと日本のミュージシャンやアーティストが参加し、東日本大震災の被災者を支援するためのチャリティーコンサートが開催されます。 当日は、イタリアの音楽、アートイベントのほか、専門家による被災地の状況の報告などもあります。なお、収益金はあしなが育英会を通して、東北大震災の遺児のために全額寄付されます。 イベントの詳細はこちら。イベントのチラシはこちら。チケット:4,000円チケット購入、お問い合せhttp://www.diapason-agency.com...

コンサート goTAN HISTORY

コンサート goTAN HISTORY

2016 年 3月 02 日

タンゴは今から約100年前、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで生まれたとされています。強烈なリズムと美しい旋律をもつダンス音楽として人々の間に広まっていき、のちにヨーロッパに伝わりました。19世紀初頭から1930、40年代の黄金期にかけての名曲の作曲者には、アニバル・トロイロ、ファン・ダリエンソ、カルロス・ディ・サルリ、オズヴァルド・プリエーゼなど、アルゼンチンへ渡ったイタリア系移民の子孫が多くいました。今回のコンサートでは、バンドネオン、バヤン奏者のジュゼッペ・シリアーノとピアニストの下川れいこのデュオが、カルロス・ガルデル、アストル・ピアソラ、ルイス・バカロフ、エンリコ・ブラッティの作品を演奏します。 プログラム:アストル・ピアソラ(1921-1992)Astor...

ジュゼッペ・アンダローロ ピアノリサイタル

ジュゼッペ・アンダローロ ピアノリサイタル

2016 年 2月 26 日

プログラム: J.S.バッハ(ブゾーニ編曲)シャコンヌ S.ラフマニノフ前奏曲 作品3-2             ...

ジョルジョ・モランディ-終わりなき変奏-

ジョルジョ・モランディ-終わりなき変奏-

2016 年 2月 20 日2016 年 4月 10 日

20 世紀イタリアを代表する画家ジョルジョ・モランディ(1890―1964)。卓上の瓶や容器、花瓶などを組み合わせた静物画は、モランディの代表作であると同時に、構図における配置や形のバランスを試みる恰好の主題でもありました。一見、単調に見えるモランディの作品は、瓶や容器といった日常のモティーフを、ある時は一列に、ある時は一箇所にまとめて、配置しては置き直し、また組み換えてといった試行錯誤を経て描かれたものであり、同じ題材を扱いつつも、各々がまったく別の作品として完成しています。また、モランディは、ひとつの構図を油彩、素描、版画とさまざまな技法で表現する中で、具象から抽象、またはその逆と、絶え間なく揺らぎ続けていました。このことは、静物画と風景画の間でも、構図を巡っても繰り返されています。本展では、モランディについて頻繁に言及されてきた「シリーズ」と「ヴァリエーション」の本質について、具体的作例で示します。 2016...

講演会「高精細画面で見るウフィツィ美術館の名画」

講演会「高精細画面で見るウフィツィ美術館の名画」

2016 年 2月 14 日

講師:岡田温司(京都大学大学院教授) 「ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016」展(2月13日~3月13日、イタリア文化会館)開催を記念し、本展監修者の岡田温司氏(京都大学大学院教授)による講演会を開催します。 (日本語のみ) 展覧会の情報はこちらをクリックしてください。  本講演会は満席になりました。お問い合せ:イタリア文化会館...

ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016

ウフィツィ ヴァーチャル ミュージアム2016

2016 年 2月 13 日2016 年 3月 13 日

~ウフィツィ美術館の名画でたどるルネサンスの胎動から終焉まで~ 2011年に続き、日立製作所等の技術によりデジタル化されたウフィツィ美術館所蔵の名画を実物大レプリカおよび画像で展示します。展示する絵画は前回展10作品を含む23作品で、実物大レプリカでご覧いただくこれらの絵画は門外不出の冠にふさわしい名画揃いです。高精細画像での名画ナビゲーションを設置する他、大画面のデジタルシアターでは、23作品すべての解説映像を上映します。 お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel....

オマール・フラヴィオ・カレッドゥ(チェロ)&ロベルト・サッタ(ピアノ)コンサート

オマール・フラヴィオ・カレッドゥ(チェロ)&ロベルト・サッタ(ピアノ)コンサート

2016 年 2月 09 日

プログラム: バルダッサーレ・ガルッピ (1706-1785) ピアノソナタ変ロ長調    ジュゼッペ・サルティ (1729-1802)  ソナタ...

アンドレア・バッティストーニ講演会

アンドレア・バッティストーニ講演会

2016 年 1月 31 日

1987年ヴェローナ生まれ、28歳の若さながら、母国イタリアをはじめドイツ、ロシア、オーストラリアなど世界中のオペラハウスで活躍し、21世紀の世界のオペラ界を担うひとりと目される俊英、アンドレア・バッティストーニ。日本には2012年二期会公演《ナブッコ》で初来日、たちまち人気が沸騰し、以後たびたび来日。2015年2月には、二期会で《リゴレット》を振って絶賛されました。2015年の春からは東京フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に就任し、その活動がますます注目されています。日本ヴェルディ協会では、2015年2月、《リゴレット》公演に先だって当該演目の魅力をバッティストーニが語る講演会を主催し、大好評を得ることができました。この度、2016年2月に、彼が三たび二期会でヴェルディ・オペラを振るのに先立ち、再度講演会を行うことになりました。演目は《イル・トロヴァトーレ》。旋律美みなぎるヴェルディ中期の傑作です。今回はこの《イル・トロヴァトーレ》を中心に、バッティストーニがこれまで10作以上指揮しているヴェルディ・オペラ全般の魅力について、存分に語っていただきます。通訳はスペシャリストの井内美香さんです。 通訳...

上映会「ミュンヘンの時計」

上映会「ミュンヘンの時計」

2016 年 1月 27 日

監督:マウロ・カプート、原作:ジョルジョ・プレスブルゲル“L’orologio di Monaco” 世界各国で翻訳されたジョルジョ・プレスブルゲルの短編集“L’orologio...

明暗

明暗

2016 年 1月 19 日2016 年 2月 06 日

アレッサンドラ・マリア・ボナノッテ写真展 自然、神社仏閣、職人とその作品、祭り、宗教儀礼など伝統的な日本を撮った作品40点あまりを展示します。これらは、今まで多くの人によって幾度となく写されてきた光景ですが、ボナノッテの作品では、被写体そのものの意味をとらえるという新たなまなざしを通して示されています。本展では、イタリアの感性と日本の美意識が見事に結びついており、日伊国交150周年の本年、開催するのにふさわしい展覧会となっています。 1月18日(月) 18時30分より、ボナノッテ氏を囲んでオープニングレセプションを開催します。 お問い合せ:イタリア文化会館  Tel....

「ボッティチェリ展」開催記念シンポジウム

「ボッティチェリ展」開催記念シンポジウム

2016 年 1月 16 日

ボッティチェリ展(2016年1月16日~4月3日、東京都美術館)開催を記念し、日伊の専門家によるシンポジウムを催します。(日伊同時通訳付)お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it...

ヴェルディ・フェスティバル特選上映

ヴェルディ・フェスティバル特選上映

2015 年 12月 17 日

パルマ王立歌劇場ライブビュー ヴェルディの生誕地パルマで毎年開催されるヴェルディ・フェスティバル。近年の注目公演から、代表的なオペラ7作品+レクイエムの全8作品の舞台映像をセレクトして上映します。レオ・ヌッチ、ディミトラ・テオドッシュウ、マルセロ・アルヴァレス、フランチェスコ・メーリといったオペラ界を代表するスターたちと、注目の実力派若手歌手たちによる、これぞイタリア・オペラと言える極上の作品です。 上映作品 全8作品 「ナブッコ」「マクベス」「リゴレット」「イル・トロヴァトーレ」「椿姫」「仮面舞踏会」「アイーダ」「レクイエム」※ミサ曲のレクイエムは演奏会形式 お問い合せ:樂画会(がくがかい) ...

アンドレア・オリーヴァ(フルート)&蒔田朱音(ピアノ)コンサート

アンドレア・オリーヴァ(フルート)&蒔田朱音(ピアノ)コンサート

2015 年 12月 12 日

プログラム: G.フォーレ (1845-1924)    ファンタジー    F.プーランク (1899-1963)   フルートソナタ G.A....


920