Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

Tokyo Gen’On Project # 02

Tokyo Gen’On Project # 02

2014 年 3月 05 日

Musician’s Selection Arima SumihisaConcerto di brani di autori contemporanei italiani, selezionati dal Maestro Arima ed...

Pane, amore e fantasia

Pane, amore e fantasia

2014 年 2月 14 日

Un S.Valentino all'italiana: concerto jazz, degustazioni e modaIn occasione della celebrazione di San Valentino, un evento...

L'innocente

L'innocente

2014 年 2月 08 日

Proiezione del film di Luchino Visconti del 1976Nell'ambito del ciclo "Gabriele D'Annunzio - poesia, avventura"Film tratto...

Seminario sullo studio in Italia

Seminario sullo studio in Italia

2014 年 2月 03 日

Seminario sullo studio in Italia durante il quale sarà possibile ricevere informazioni sui viaggi di studio presso...

映画上映会「カビリア」

映画上映会「カビリア」

2014 年 2月 01 日

(ジョヴァンニ・パストローネ監督、1914年、169分)ガブリエーレ・ダンヌンツィオ 詩と冒険とダンヌンツィオが字幕を作成し、登場人物名を考案した無声映画。大規模なセットで古代世界を作り上げたスペクタクル映画である。紀元前3世紀、ローマ占領下のシチリアで暮らす島の富豪の娘カビリアが、ローマ対カルタゴの戦いに翻弄される波乱万丈の人生を描いた作品。*上映前に岡本太郎氏による作品解説があります(15分)。...

シンポジウム「我々はどこに向かっていくのか ―若き建築家へのメッセージ― 」

シンポジウム「我々はどこに向かっていくのか ―若き建築家へのメッセージ― 」

2014 年 1月 31 日

カザベラ創刊85周年記念シンポジウムイタリアの建築雑誌「Casabella」創刊85周年を記念して、編集長フランチェスコ・ダルコ氏と伊東豊雄氏、岸和郎氏、塚本由晴氏(アトリエ・ワン)によるシンポジウムが開催されます。これからの建築の向かうべき道とは、建築のあり方とは、を考察します。パネリスト:フランチェスコ・ダルコ(建築史家)、伊東豊雄(建築家)、岸和郎(建築家、京都大学大学院工学研究科教授)、塚本由晴(建築家、東京工業大学大学院准教授)日伊通訳付...

講演会「ガブリエーレ・ダンヌンツィオ 革新と自由の詩人」

講演会「ガブリエーレ・ダンヌンツィオ 革新と自由の詩人」

2014 年 1月 25 日

講師:ジョルダーノ・ブルーノ・グエッリ(ヴィットリアーレ財団長)ガブリエーレ・ダンヌンツィオ...

第13回ヴェルディ・マラソン・コンサート

第13回ヴェルディ・マラソン・コンサート

2013 年 12月 15 日

ヴェルディ生誕200年記念ヴェルディ生誕200年記念イヤーの締めくくりに相応しい、日本オペラ界を代表する声楽家をお迎えして、ヴェルディ・オペラの珠玉のアリア・重唱をお贈りする豪奢なる饗宴...

クリスマスパーティー 2013

クリスマスパーティー 2013

2013 年 12月 14 日

今年もイタリア文化会館では恒例のクリスマスパーティーを12月14日(土)に開催します。イタリアではクリスマスはとても大切な祝日です。家族や大切な友達などが一堂に会する大事な日です。今年も、イタリア文化会館でイタリアの人たちと交流を深め、クリスマスを味わいましょう。クリスマスパーティーのプログラムは以下の通りです。18:30~21:00 クリスマスパーティー 18:00...

第23回イタリア語スピ-チコンテスト

第23回イタリア語スピ-チコンテスト

2013 年 12月 07 日

学生からシニア世代まで幅広い年齢層のさまざまな職業の方が、いろいろな経験をもとに自分の想いをスピーチで競います。お問い合わせは(財)日伊協会スピ-チコンテスト係まで...

デ・ボンフィルス、ミネルヴィーノ デュオ・コンサート

デ・ボンフィルス、ミネルヴィーノ デュオ・コンサート

2013 年 12月 07 日

マッシモ・デ・ボンフィルス(ヴァイオリン)とルカ・ミネルヴィーノ(ギター)が、イタリア人作曲家のオペラ作品から序曲などをヴァイオリンとギターのために編曲し、演奏します。...

トリノ王立歌劇場来日記念講演会

トリノ王立歌劇場来日記念講演会

2013 年 11月 27 日

トリノ王立歌劇場の来日公演を記念して、音楽監督・指揮を務めるジャナンドレア・ノセダ氏がトリノ王立歌劇場と今回の上演作品について講演します。 お申込み・お問合せ:NPO日本ヴェルディ協会...

第5回 VIVA VIVALDI     公演中止のお知らせ

第5回 VIVA VIVALDI     公演中止のお知らせ

2013 年 11月 24 日

東京ヴィヴァルディ合奏団コンサート第5回Viva Vivaldi !!公演中止のお知らせとお詫び 11月24日(日)午後2時より当館アニェッリホールにて開催を予定しておりました「第5回 Viva...

天正遣欧使節の偉業が今、蘇る

天正遣欧使節の偉業が今、蘇る

2013 年 11月 16 日

伊東マンショ没後400年顕彰記念祭 大航海時代、“世界”を持ち帰った宮崎人、天正遣欧使節首席正使 伊東マンショ。“日本”に何をもたらし“世界”にどんな影響を与えたのか。400年の時空を超えてマンショの偉業が今、蘇ります。 記念祭は講演と音楽会で構成されます。...

第1回「フォスコ・マライーニ賞」授賞式

第1回「フォスコ・マライーニ賞」授賞式

2013 年 11月 15 日

1930年代の来日以来、日本人の生活に融け込み、日本文化の深層にまで分け入り、独自の学問領域を切り拓いたフォスコ・マライーニ。マライーニはさまざまな分野に関心をもち、他に類を見ない日本研究者でした。民族学者であり、写真家、登山家、詩人、作家でもあったマライーニは、とりわけ伊日両国をつなぐ大きな役割を果しました。その名をとって今年設けられた本賞は、日本におけるイタリア文化への理解と関心を促進することを目的としており、1987年に創設され、2007年まで続いた「マルコ・ポーロ賞」を継承するものです。 選考委員は、西谷修、小佐野重利、尾崎真理子、酒井啓子、和田忠彦(委員長)の5氏で、今回の受賞作は、2011年1月から2013年6月までの間に日本語で出版されたイタリアに関する著作の中から選ばれました。 授賞式は、11月15日(金)18時30分からイタリア文化会館アニェッリホールにて行われ、正賞の楯と副賞50万円が贈呈されます。 ○第1回フォスコ・マライーニ賞受賞作 水野千依(みずの...

「イタリア絵本の原画展」

「イタリア絵本の原画展」

2013 年 11月 11 日2013 年 11月 17 日

...

イタリア語研究者の集い

イタリア語研究者の集い

2013 年 11月 10 日

イタリア語研修者の方にお集まりいただき、「世界イタリア語週間」のテーマにそって語り合って頂きます。「世界イタリア語週間」の今年のテーマは「イタリア 研究、発展そして革新」です。ご興味のあるイタリア語研究者の方、ぜひご参加ください。PROGRAMMA•...

イタリア語学習者の日

イタリア語学習者の日

2013 年 11月 09 日

...

FIAT - その歴史、その伝説

FIAT - その歴史、その伝説

2013 年 11月 08 日2013 年 11月 09 日

...


920