Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

ダニエレ・セーペ オンラインコンサート「世界を巡るカンツォニエーレ」

ダニエレ・セーペ オンラインコンサート「世界を巡るカンツォニエーレ」

2020 年 12月 12 日

多才で強烈な個性を持つミュージシャン、ダニエレ・セーペは、1975年の活動開始以来、並外れた機敏さと天才的な想像力をもって、様々なジャンルの音楽を取り入れながら非常に個性的なスタイルを生み出してきました。そのスタイルが体現されたプロジェクト「世界を巡るカンツォニエーレ」では、世界中の音楽をジャズやロックの視点から再解釈しながら、大部分を即興によって演奏しています。何とも形容しがたいこの驚くべき作品は、ワールドミュージックのジャンルを遥かに超えるものです。ジャズ、ファンク、地中海音楽、ロック、ラップとともに、ナポリ人としてのアイデンティティが根底にある想像力に富んだミュージシャン、ダニエレ・セーペの音楽は、定義付けが困難です。また、彼は楽曲を通してアイロニックに社会批判を行っています。コンサートでは、驚きと新たな発見に満ちた音楽の旅の中で、様々なスタイル、方言、遠い国の人々や場所のイメージが、次から次へと表われます(43分)。プログラム D.セーぺTammuriataP.ヴィッラーニ、G.ラーマNu...

第四回「須賀敦子翻訳賞」授賞式 (オンライン配信)

第四回「須賀敦子翻訳賞」授賞式 (オンライン配信)

2020 年 12月 09 日

「須賀敦子翻訳賞」は1988年に創設、2007年に中断された「ピーコ・デッラ・ミランドラ賞」の後継として2014年に新設され、イタリア語の著作の優れた日本語への翻訳を評価、広く紹介することを目的とし、隔年で開催しています。去る11月3日、イタリア文化会館(一部オンライン)において、岡田温司、柴田元幸、野谷文昭、シルヴィオ・ヴィータ、和田忠彦(委員長)の5氏からなる選考委員会が開かれ、第四回須賀敦子翻訳賞授賞作品が決定いたしました。   授賞作品 國司...

パルマ王立歌劇場ライブビューイング ヴェルディ・オペラDVD上映会「ナブッコ」

パルマ王立歌劇場ライブビューイング ヴェルディ・オペラDVD上映会「ナブッコ」

2020 年 12月 02 日

ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)生誕200年を記念しパルマ王立歌劇場が2012年に制作したDVD集「TUTTO...

新たな世界、新たな始まりーーヨーロッパ文芸フェスティバル2020

新たな世界、新たな始まりーーヨーロッパ文芸フェスティバル2020

2020 年 11月 20 日2020 年 11月 27 日

駐日欧州連合(EU)代表部・在日EU加盟国大使館・EUNIC Japan(在日EU加盟国文化機関)主催、一般社団法人リット・ストック協力、J-WAVE後援のもと、第4回ヨーロッパ文芸フェスティバルを開催します。今年はヨーロッパ18ヵ国(ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、オランダ、ポーランド、ポルトガル、チェコ、スロヴァキア、スペイン、スウェーデン、ハンガリー)の作家が一堂に会します。 本フェスティバルの目的は、これまでと同じく、ヨーロッパ各国の作家や専門家、日本語翻訳家による朗読やプレゼンテーション、対談、パネルディスカッションなどの豊富なプログラムによって、日本の皆様にヨーロッパ文学への親しみを持っていただくことです。 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、オンラインとオフラインが入り混じる形での開催を強いられる一方で、このパンデミック自体をテーマとして掲げ、期間中様々な文学的考察を行います。 そして今回「Windows...

イタリア映画祭 オンライン配信

イタリア映画祭 オンライン配信

2020 年 11月 20 日2020 年 12月 20 日

「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年の春に始まり、毎年1万人を超える観客が訪れる恒例イベントとなったイタリア映画祭は今年で20回目の節目を迎えました。例年通りゴールデンウィークに開催を予定していたものの新型コロナウイルスの影響で延期となっていましたが、今回、リアル上映&オンライン配信のハイブリット形式で開催することになりました。 公式ホームページはこちら オンライン配信 会期:11月20日(金)~12月20日(日) 新作や過去のイタリア映画祭で上映した作品、短編などを配信する予定です。 詳細:こちらをクリックしてください。 <リアル上映> 11月13日(金)、14日(土) 会場:イタリア文化会館アニェッリホール イタリア映画祭2020 主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ特別後援:イタリア共和国大統領後援:イタリア大使館協賛:フェラガモ・ジャパン株式会社、アルファ...

世界イタリア料理週間:トークイベント「食とアイデンティティ」

世界イタリア料理週間:トークイベント「食とアイデンティティ」

2020 年 11月 17 日

カルミネ・アバーテの自伝的短編集 Banchetto di nozze e altri sapori (Mondadori, 2016) が先ごろ新潮クレストブックスより『海と山のオムレツ』(関口英子訳、新潮社)として刊行されたことを記念し、著者のカルミネ・アバーテ氏が作家の楊逸さんと「食とアイデンティティ」をテーマに対談します。司会は翻訳を担当された翻訳家の関口英子氏です。 イタリア語で小説を書くアルバレシュ語圏の作家アバーテ氏はドイツやヨーロッパとも深いつながりがあります。そして楊逸氏も大人になってから日本語を学び始め2008年に『時が滲む朝』で芥川賞を受賞した中国出身の他言語作家です。世界イタリア料理週間ではこの二人の作家がそれぞれの文学作品や人生から浮かび上がる「食」「文化」「アイデンティティ」について語ります。 なお新型コロナウイルス感染症対策として、本イベントは座席数を制限して開催されます。また、当日楊逸氏と関口英子氏はイタリア文化会館の会場から、イタリアにいるカルミネ・アバーテ氏と中継をつないでトークを行います。 お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:biblioteca.iictokyo@esteri.it また、今回のトークイベントはライブ配信も同時に行います。(使用アプリ:Zoom。Zoomの使用方法に関しては、こちらをご参照下さい。) 当日は下記リンクよりアクセスをお願いします。https://us02web.zoom.us/j/83113250932?pwd=S0lxZGY1UzByZmNEVU52NDMwbUIxQT09 zoomのアプリからアクセスされる方は下記IDをご入力ください。831...

イタリア映画祭 リアル上映

イタリア映画祭 リアル上映

2020 年 11月 13 日2020 年 11月 14 日

「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年の春に始まり、毎年1万人を超える観客が訪れる恒例イベントとなったイタリア映画祭は今年で20回目の節目を迎えました。例年通りゴールデンウィークに開催を予定していたものの新型コロナウイルスの影響で延期となっていましたが、今回、リアル上映&オンライン配信のハイブリッド形式で開催することになりました。 公式ホームページはこちら リアル上映 会場:イタリア文化会館アニェッリホール スケジュール 11月13日(金) 14:00(開場...

世界イタリア料理週間:トークイベント「知られざるアルトゥージ」

世界イタリア料理週間:トークイベント「知られざるアルトゥージ」

2020 年 11月 11 日

イタリア料理の父ペッレグリーノ・アルトゥージが生まれて今年でちょうど200年が経ちます。アルトゥージが各地の郷土料理を渉猟し初めてイタリア料理として大成した聖典...

上映会「小さな灯り」

上映会「小さな灯り」

2020 年 11月 05 日

本作品は自身が主演も務めたアントニオ・モレスコの小説 La lucina(Mondadori, 2013, 「小さな灯り」)が原作です。ネオレアリズモの伝統を彷彿とさせる手法で作られた同作品は、キャストには一般人を起用し、イタリア南部バジリカータ州の隔絶された区域で撮影が行われました。 <あらすじ>人里離れた森の中、一人の男が侘しく暮らしている。彼の家の向かいにある山をすっぽり覆う暗闇に、突如毎晩小さな光が繰り返し灯る。一体あれは?小さな灯りの正体を探るうち、男はある少年と出会う…。孤独な男と少年の交流の物語。 お申し込み:こちらをクリックしてください。 お問合せ:biblioteca.iictokyo@esteri.it なお新型コロナウイルス感染症対策として、座席数を制限して本上映会は開催されます。   小さな灯りLa...

Italia Zokugo(イタリア俗語) 鼎談「イタリアと日本の間の展覧会の言語」

Italia Zokugo(イタリア俗語) 鼎談「イタリアと日本の間の展覧会の言語」

2020 年 10月 31 日

Italia Zokugo(イタリア俗語)は、イタリア美術のしばしば理想化され時代錯誤な、実際とは異なるイメージからほとばしり出る可能性について探究するプロジェクトです。作品や批評、関係者の証言を通して、イタリアの現代美術の担い手たちが思いも寄らない、時にはカリカチュア的とも言える形で、西洋の視覚芸術の伝統やその表現方法を、自らの手段として取り入れていることをつまびらかにし、イタリア美術の現在進行形の表現を紹介するプロジェクトです。キュレーション:ガブリエーレ・トージ、吉田萠協力:GALLERY...

カドリエンナーレ2020

カドリエンナーレ2020

2020 年 10月 30 日2021 年 1月 17 日

我々は非常に長い間待ちました。今こそ、イタリア現代アートにとって、「外に」飛び出す時です。サラ・コズリッチとステファノ・コッリチェッリ・カゴール監修による「カドリエンナーレ2020...

Fumetti nei musei(漫画 in ミュージアム)

Fumetti nei musei(漫画 in ミュージアム)

2020 年 10月 24 日

イタリア文化財・文化活動・観光省による 「Fumetti nei musei(漫画 in ミュージアム)」プロジェクトの一環として、イタリア文化会館館長パオロ・カルヴェッティが、ローマ国立近代美術館館長クリスティーナ・コッル氏、漫画家・デザイナーのLRNZ(ロレンツォ・チェッコッティ)、大学助教で翻訳家のパオロ・ラ・マルカ氏とともに、イタリア語と漫画について座談会を行います。 (言語はイタリア語)   ウェビナーはオンラインで開催します。 (使用アプリ:Zoom。Zoomの使用方法に関しては、こちらをご参照下さい。) Zoomウェビナーリンク:https://us02web.zoom.us/j/82559156390 Zoomウェビナー ID :...

Italia Zokugo(イタリア俗語) ビデオアーカイブ上映 Instudio 共通言語としてのスタジオ

Italia Zokugo(イタリア俗語) ビデオアーカイブ上映 Instudio 共通言語としてのスタジオ

2020 年 10月 24 日2020 年 10月 29 日

Italia Zokugo(イタリア俗語)は、イタリア美術のしばしば理想化され時代錯誤な、実際とは異なるイメージからほとばしり出る可能性について探究するプロジェクトです。作品や批評、関係者の証言を通して、イタリアの現代美術の担い手たちが思いも寄らない、時にはカリカチュア的とも言える形で、西洋の視覚芸術の伝統やその表現方法を、自らの手段として取り入れていることをつまびらかにし、イタリア美術の現在進行形の表現を紹介するプロジェクトです。キュレーション:ガブリエーレ・トージ、吉田萠協力:GALLERY...

イタリア発!グラフィック・ノベルの魅力 オンライン対談:ロレーナ・カノッティエーレ×鵜野孝紀

イタリア発!グラフィック・ノベルの魅力 オンライン対談:ロレーナ・カノッティエーレ×鵜野孝紀

2020 年 10月 23 日

「日本でヨーロッパの漫画を広めるということは、南極のペンギンに冷蔵庫を売るようなもの!?」   日本のグラフィック・ノベル界でまことしやかに囁かれるちょっと皮肉めいたこの言葉。漫画大国として日本の漫画は今や世界中で愛されていますが、イタリアにも70年以上におよぶ長い漫画の歴史があり、時代ごとに新しい作家を輩出してきました。近年、日本でもヨーロッパのグラフィック・ノベルや漫画の人気がジワジワ高まっています。グラフィック・ノベルと日本の漫画の違いやその魅力について、漫画家のロレーナ・カノッティエーレと、翻訳家で編集者の鵜野孝紀がオンラインで対談します。(日伊逐次通訳付) なお、この対談は「言葉とイメージのはざまで:グラフィティ、イラストレーション、漫画」をテーマにした第20回世界イタリア語週間(2020年10月19日〜25日)の一環として開催されます。   対談はオンラインで開催します。(使用アプリ:Zoom。Zoomの使用方法に関しては、こちらをご参照下さい。) 当日は下記リンクよりアクセスをお願いします。 https://us02web.zoom.us/j/87223145608 zoomのアプリから接続される方は下記IDをご入力ください。 872...

Animated Spirits アニメーションフェスティバル 現代ヨーロッパ短編集

Animated Spirits アニメーションフェスティバル 現代ヨーロッパ短編集

2020 年 10月 15 日2020 年 10月 18 日

ヨーロッパの最新短編アニメーションを紹介するフェスティバルAnimated Spirits。2015年に創設された同フェスティバルは一昨年、初めて日本で開催されました。今年はそれに続く2回目の日本での開催となります。 アニメーションは1世紀以上の歴史を誇っていますが、ヨーロッパ映画がもつ創造性や活気をそこに見ることができます。また、短編という形態であるがために、クリエイターたちは新しいテクニックを試みたり、今まであったものを新たな視点で捉え直すことによって、短い映像のなかに最高の表現を求めて作品を創っています。 なお、今年のフェスティバルはすべてオンラインで開催されます。   イタリア作品 『生涯ずっと』Per...

2020年世界精神保健デー普及啓発事業  「世界精神保健デーに繋がる Covid-19をめぐるメンタルヘルスと演劇・表現活動-2021年へ向けて-」

2020年世界精神保健デー普及啓発事業 「世界精神保健デーに繋がる Covid-19をめぐるメンタルヘルスと演劇・表現活動-2021年へ向けて-」

2020 年 10月 10 日2020 年 11月 15 日

当日の模様を収めた動画のご視聴はこちらをクリックしてください。   NPO法人東京ソテリアがイタリア文化会館、ボローニャ市、ボローニャ精神保健局(AUSL...

Italia Zokugo(イタリア俗語) ビデオインスタレーション Pattern

Italia Zokugo(イタリア俗語) ビデオインスタレーション Pattern

2020 年 10月 03 日2020 年 10月 22 日

イタリア現代美術館協会(Associazione dei Musei d’Arte Contemporanea Italiani)は、2005年に「イタリア現代アートの日」というプロジェクトを立ち上げ、毎年10月に、展覧会や講演会をはじめ、さまざまなアートイベントを実施してきました。2018年より、同プロジェクトは、イタリア外務・国際協力省およびイタリア文化財・文化活動省の協力のもと、協会加盟の美術館の他、世界各地にあるイタリア文化会館でも実施されるようになりました。本年、イタリア文化会館ではプロジェクト「Italia...

パントマイム公演 「エッセンス」

パントマイム公演 「エッセンス」

2020 年 9月 28 日

「どこでもいい、なにもない空間-ーそれを指して、わたしは裸の舞台と呼ぼう。ひとりの人間がこのなにもない空間を歩いて横切る、もうひとりの人間がそれを見つめるーー演劇行為が成り立つためには、これだけで足りるはずだ。」 (ピーター・ブルック『なにもない空間』,...

ヨーロッパ言語の日

ヨーロッパ言語の日

2020 年 9月 26 日

9月26日は「ヨーロッパ言語の日」です。ヨーロッパの言語と文化の多様性を祝い、紹介しながら言語学習の重要性への意識を促進するために2001年から開催されている記念日です。 今年の「ヨーロッパ言語の日」は、ヨーロッパの国々の歌とその歌詞をご紹介して9月26日(土)にお祝いします。 歌詞の意味を知り発音を練習しながら、言語と音楽に触れるイベントをオンラインで開催します。   お申し込み方法:こちらをクリックしてください   スケジュール 15:00...


920