Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

ナポリ・テアトロ・フェスティバル・イタリア「La mistica del cosmo(宇宙の神秘)」

ナポリ・テアトロ・フェスティバル・イタリア「La mistica del cosmo(宇宙の神秘)」

2020 年 7月 10 日2020 年 7月 11 日

ナポリ・テアトロ・フェスティバル・イタリアは国際的な舞台芸術フェスティバルで、毎年、新作を含むさまざまな作品を上演しており、また、ナポリのアーティストや、さまざまなスポット、卓越した技術や職人技を紹介する好機でもあります。 イタリア時間7月9日(木)21:00(日本時間7月10日4:00)から、ラッファエッラ・アンブロズィーノ作La...

ナポリ・テアトロ・フェスティバル「Ho ucciso i Beatles(ビートルズを殺した男)」

ナポリ・テアトロ・フェスティバル「Ho ucciso i Beatles(ビートルズを殺した男)」

2020 年 7月 06 日2020 年 7月 07 日

ナポリ・テアトロ・フェスティバルは、毎年6月・7月に行われる国際フェスティバルです。 イタリア時間の7月5日(日)21:00(日本時間:7月6日4:00)から、ステファノ・ヴァランツォーロによる一幕劇「Ho...

ナポリ・テアトロ・フェスティバル「フォイヤ・イン・コンサート」

ナポリ・テアトロ・フェスティバル「フォイヤ・イン・コンサート」

2020 年 7月 03 日2020 年 7月 04 日

ナポリ・テアトロ・フェスティバルは、毎年6月・7月に行われる国際フェスティバルです。 今回はナポリ発のフォークロックバンド、フォイヤ(Foja)が、コンサート「Miracoli...

ラヴェンナ音楽祭「ベートーヴェンへのオマージュ」

ラヴェンナ音楽祭「ベートーヴェンへのオマージュ」

2020 年 6月 29 日2020 年 7月 05 日

  ラヴェンナ音楽祭はベートーヴェンの生誕250周年を記念して、ピアノ協奏曲第3番と交響曲第6番を演奏します。 コンサートの様子は、イタリア時間の6月28日(日)21:30(日本時間:6月29日4:30)からライブ配信されます。 また、その後48時間以内に限り、公演の様子を無料でご覧いただけます。こちらをクリックしてください。   ルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団 指揮:ワレリー・ゲルギエフ ピアノ:ベアトリーチェ・ラーナ プログラム L....

プッチーニ音楽祭「ジャンニ・スキッキ」

プッチーニ音楽祭「ジャンニ・スキッキ」

2020 年 6月 28 日2020 年 7月 05 日

...

ラヴェンナ音楽祭 Part 2

ラヴェンナ音楽祭 Part 2

2020 年 6月 21 日2020 年 7月 30 日

ラヴェンナ音楽祭は、重要な国際的音楽祭のひとつで、世界で活躍するアーティストによるコンサート、演劇、ダンス公演、ミュージカルなどが開催されています。 今年は、さまざまな公演を配信しています。 Tre...

Estate all’italiana Festival(イタリア・フェスティバルの夏)

Estate all’italiana Festival(イタリア・フェスティバルの夏)

2020 年 6月 21 日2020 年 8月 28 日

Estate all’italiana Festivalは、イタリアの諸地域で活動する文化関連企業、アーティスト、ミュージシャンを広く紹介することを目的に、長い伝統を誇る国内のさまざまなフェスティバルを世界に向け発信するイベントです。 6月21日から8月28日まで20を超える公演の配信が予定されています。 Estate...

音楽の祭典 SUONI ITALIANI

音楽の祭典 SUONI ITALIANI

2020 年 6月 21 日2020 年 6月 28 日

毎年6月21日に開催されているFesta della Musica(音楽の祭典)は、1982年にフランスで創設され、1985年のヨーロッパ音楽年を機に他の国々へ広がりました。プロ・アマ問わず多くのミュージシャンが劇場をはじめ、街路や広場などで、さまざまなジャンルのコンサートを無料で開いてきました。 イタリア文化会館では、今年の音楽の祭典にあわせ、6月21日(日)20:00から、ピアニストで作曲家のレモ・アンツォヴィーノと世界的に活躍するジャズトランペット奏者、フラヴィオ・ボルトロによるコンサート(約40分)をオンラインで配信します。 コンサートは6月21日(日)20:00から、下記リンクよりご視聴いただけます。...

EUフィルムデーズ2020オンライン

EUフィルムデーズ2020オンライン

2020 年 6月 12 日2020 年 6月 25 日

「EUフィルムデーズ」は「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに、日本初公開作品や近作など、欧州連合(EU)加盟国の映画を一挙に紹介する映画祭です。今年は、新型コロナウィルス感染防止のため、東京、京都、広島での開催が中止となりましたが、「EUフィルムデーズ2020オンライン」と題したオンライン映画祭を青山シアターにて特別開催することになりました。 EUフィルムデーズ2020オンラインでは、EU加盟国より20ヵ国が参加し、日本未公開作品(7作品)と、過去のEUフィルムデーズで好評を得た選りすぐりの作品など、全21プログラムの配信となります。 イタリア作品は「小さな灯り」(監督:...

New Italian Books

New Italian Books

2020 年 6月 11 日

New Italian Booksは、イタリア百科事典のTreccaniがイタリア外務・国際協力省とイタリア文化財・文化活動省のCepell...

マリア・クレメンティ イタリア共和国記念日に

マリア・クレメンティ イタリア共和国記念日に

2020 年 6月 02 日2020 年 6月 07 日

6月2日のイタリア共和国記念日に、今注目のピアニスト、マリア・クレメンティがイタリア文化会館のためにドメニコ・スカルラッティのソナタ...

ローマ‐東京間飛行 2人の若きイタリア人飛行家たちの「夢」

ローマ‐東京間飛行 2人の若きイタリア人飛行家たちの「夢」

2020 年 5月 31 日

1920年5月31日、現在の代々木公園の地に、イタリア陸軍航空部隊の若き飛行家たち、25歳のアルトゥーロ・フェラリン中尉と24歳のグイド・マジエーロ中尉とが操縦する2機の複葉機が到着しました。彼らはそれぞれ機関工のジーノ・カッパンニーニとロベルト・マレットとともに、ローマから東京にやって来ました。 しかし、約18,000キロに及ぶローマ-東京間のすべての行路を、約3ヶ月半かけて飛行することが出来たのはアルトゥーロ・フェラリンとジーノ・カッパンニーニだけでした。 この「ローマ-東京間飛行」は、航空史に残る偉業でした。 またアルトゥーロ・フェラリンは、宮崎駿監督のアニメ映画の名作『紅の豚』に登場する人物のモデルとなったと言われています。   彼らが到着して丁度100年となる5月31日(日)午前0時(イタリア時間5月30日午後5時)より、動画「2冊の記念帖...

新型コロナウイルス終息祈願「能声楽奉納」

新型コロナウイルス終息祈願「能声楽奉納」

2020 年 5月 30 日

能は神事として神社仏閣で奉納されてきた歴史があり、演目には世の平和を願う思いが込められています。今回の新型コロナウイルス感染拡大の最中、能声楽家の青木涼子氏が、祈りの芸能とも言える「能」の謡(うたい)の作曲を、世界の作曲家に依頼しました。日本時間の5月30日(土)18時から、青木涼子氏が、フェデリコ・ガルデッラ作曲の謡とフルートのための曲「風の声」を、感染拡大の終息を願いながら奉納します。 演奏の様子は、YouTubeでライブ配信されます。   新型コロナウイルス終息祈願「能声楽奉納」リアルタイム遠隔地セッション2020年5月30日(土)18:00-18:15(日本) 11:00-11:15(イタリア)フェデリコ・ガルデッラ「風の声」青木涼子(能声楽家)斎藤和志(フルート:リモート演奏)映像:津山寿文、板谷洋音響:齊藤梅生舞台美術:乗峯雅寛衣装:matohu 5月30日(土)18:00から...

トリノ国際ブックフェア 特別回

トリノ国際ブックフェア 特別回

2020 年 5月 14 日2020 年 5月 31 日

異なる暮らしのかたちトリノ国際ブックフェア 特別回   「悲しみは覚えるもの、愛は知るもの。数日前、私たちの国、そして全世界にとって混乱と苦悩を極めたもっとも暗い時の中で、トリノ国際ブックフェア実行委員会はひとつの夢を描きました。それは、この惑星のもっとも優れた頭脳を結集し、今起こっていることについて、ともに考えること。(中略)返事にはどれも熱意と強さがこめられていました。そこで気づいたのです。私たちの夢は、皆の夢だったのだと。こうして私たちは、5月14日から17日までの間、もう一度ブックフェアのもとに集まることを約束しました。(後略)」 (トリノ国際ブックフェアアートディレクター ニコラ・ラジョイア)   トリノ国際ブックフェアは、イタリアの出版業界・読書文化において最も重要なイベントです。毎年5月にトリノのリンゴットで開催されます。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態を受けて、その32年の歴史の中で初めて、例年通りの開催が不可能となりました。 日常生活が戻ることを待ち望みつつ、4日間にわたる素晴らしいブックフェアのかたちが考案されました。 14日(木)から17日(日)まで、トリノ国際ブックフェアのホームページにて、豊富なプログラムで送るライヴ配信イベントや、イタリア国内外から参加する特別ゲストとの交流を楽しむことができます。 イタリア時間の5月16日(土)17:30からは、2018年のヨーロッパ文芸フェスティバルでイタリア文化会館がゲストに招いた、パオロ・コニェッティも登場します。 さらに、5月17日(日)には、昨年9月にイタリア文化会館でも演奏したファブリッツィオ・ボッソがコンサートを行います。 プログラムの詳細は、以下でご覧いただけます。(イタリア語):  salonelibro.it   ******** (5月20日更新) トリノ国際ブックフェアの期間中に配信された動画は現在も視聴することができます。過去にイタリア文化会館で招聘した作家やアーティストが登場しているプログラムを以下紹介します。なお、プログラムはすべてイタリア語です。 パオロ・コニェッティ、ガブリエル・フィルト=シバDel...

パオロ・フレス「Bella ciao」(恋人よ、さようなら)

パオロ・フレス「Bella ciao」(恋人よ、さようなら)

2020 年 4月 24 日2020 年 4月 26 日

世界的に著名なジャズトランペット奏者、パオロ・フレスは、イタリアがナチスドイツの占領とファシズムから解放されたことを記念するイタリア解放記念日の4月25日に、パルチザンの歌”Bella...

上映会「小さな灯り」

上映会「小さな灯り」

2020 年 4月 05 日

本作品は自身が主演も務めたアントニオ・モレスコの小説 La lucina(Mondadori, 2013, 「小さな灯り」)が原作です。ネオレアリズモの伝統を彷彿とさせる手法で作られた同作品は、キャストには一般人を起用し、イタリア南部バジリカータ州の隔絶された区域で撮影が行われました。 <あらすじ>人里離れた森の中、一人の男が侘しく暮らしている。彼の家の向かいにある山をすっぽり覆う暗闇に、突如毎晩小さな光が繰り返し灯る。一体あれは?小さな灯りの正体を探るうち、男はある少年と出会う…。孤独な男と少年の交流の物語。 お申し込み:こちらをクリックしてください。 お問合せ:biblioteca.iictokyo@esteri.it   小さな灯りLa...

ラファエロ500

ラファエロ500

2020 年 4月 04 日2020 年 5月 06 日

1520年4月6日、ルネサンスを代表する画家、建築家のラファエロ・サンツィオがローマで亡くなりました。没後500年の今年、ラファエロに関するさまざまなマルチメディアのイベントが世界各地で開催されています。   Raffaello...

【延期】イタリアブックフェア2020

【延期】イタリアブックフェア2020

2020 年 4月 04 日2020 年 4月 11 日

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、イタリアブックフェア2020は延期させていただきます。新しい日程につきましては、関連企画も含め、秋の開催に向けて調整中です。   毎年春恒例「イタリアブックフェア」は今年で12回目を迎えます。今回は2017年以降に出版された書籍を中心に、800点以上のイタリアに関する日本語の書籍や、イタリア語書籍のほかCD、DVDを展示、販売します。講演会や上映会をはじめ、セミナーや絵本の読み聞かせなどさまざまなイベントを会期中に開催します。 お問合せ:biblioteca.iictokyo@esteri.it 主催:イタリア文化会館協力:紀伊國屋書店...

ジャンニ・ロダーリ生誕100周年

ジャンニ・ロダーリ生誕100周年

2020 年 4月 03 日2020 年 5月 24 日

2020年は、児童文学作家ジャンニ・ロダーリ(1920-1980)の生誕100周年にあたります。 この特別な年を記念し、イタリアでは各種出版、展覧会等、数多くのイベントが行われます。彼の作品一覧や各イベントの詳細については、特設サイトでご確認いただけます(100giannirodari.com サイトはイタリア語)。 生誕100周年と聞いて、思わず耳を疑った方もいらっしゃるかもしれません。というのも、ロダーリはここ何十年にもわたって常に話題の中心にあり、彼の著作の非凡かつ素朴なたたずまいには、いまもって私たちをはっとさせる新鮮さがあるからです。 ジャンニ・ロダーリは、1920年にピエモンテ州のオメーニャ(Omegna)に生まれました。17歳で教員資格を取得し、教員として何年か働いたのち、第二次世界大戦終戦を機にジャーナリズムの世界に飛び込みました。そこでロダーリは、アントニオ・グラムシが創設した『ウニタ(L’Unità)』をはじめ、『ピオニエーレ(Pioniere)』『パエーゼ・セーラ(Paese...


920