Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

カンツォーニ イタリアン・ソングブック

日程:

09/12/2014


カンツォーニ イタリアン・ソングブック

キアラ・チヴェッロ&アルフォンソ・デイッダ コンサート

キアラ・チヴェッロ ヴォーカル、ピアノ、ギター

アルフォンソ・デイッダ サックス、フルート

イタリア、アメリカ、ブラジルを中心に活躍するキアラ・チヴェッロは今年5枚目のアルバムCanzoniをリリースしました。この作品は、1960年代から今日までのイタリアの代表的ポップスを取り上げカバーしています。今回のコンサートでは、ノーザン・ソウル、ボサノヴァ、ブルー・アイ・ソウル、ジャズ、ポップミュージックをミックスした独自の世界を創り上げてきたチヴェッロが、Canzoniに収められた曲を中心に歌い、演奏します。

 

お申し込み:件名を「12月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

 

 

キアラ・チヴェッロ Chiara Civello

ローマ生まれ。18歳で渡米し、バークリー音楽大学で学ぶ。ラス・タイトルマンに見いだされ、彼のプロデュースによりアメリカの著名なジャズレコード会社、ヴァーヴ・レコードよりアルバム「ラスト・クォーター・ムーン」(Last quarter moon, 2005年)をリリース。デビューアルバムをヴァーヴ・レコードから出した初めてのイタリア人アーティストとなった。その後、The space between、7752をリリース。この3枚目のアルバムのタイトル7752は、チヴェッロにとって重要なふたつの都市、ニューヨークとリオデジャネイロ間の距離(キロメートル)を示している。リオデジャネイロで、ブラジルの著名なシンガーソングライター、アナ・カロリーナとのコラボレーションが始まる。2012年、第62回サンレモ音楽祭に参加。同年、アルバムAl posto del mondoをリリースした。2013年にはライブプロジェクトSOLO+をブラジルで開催。5枚目のアルバムとなるCanzoniは、ニコラ・コンテがプロデュースし、G.ジルやA.カロリーナ、E.スポルディング等がゲスト参加している。

 

アルフォンソ・デイッダ Alfonso Deidda

1970生まれ。サレルノ音楽院でサックスを学ぶ。同時にイタリア国内でジャズのコンサート活動も精力的に行う。主にサックス奏者として参加したが、時にはフルート、ピアノ、キーボード、パーカッションも担当した。ナポリ音楽院ジャズ科でB.トンマーゾ、P.コンドレッリに師事し、修了。M.スターンやB.コブハム、L.ボウイなど国際的に活躍するミュージシャンと共演。イタリア国内でも、S.ディ・バッティスタやR.アルボレ、D.レア、R.ガットなどと共演している。ウンブリア・ジャズやユーロジャズ・フェスティバルはじめ、国内外のジャズフェスティバルに参加している。

 

 

インフォメーション

開催日: 2014 年 12月 09 日


663