Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

見えない存在-何もしないということ

日程:

28/03/2015


見えない存在-何もしないということ

彫刻家 長澤英俊 特別対談 / 建築家 白井大之、美術評論家 ジャコモ・ザザ

イタリア在住50年の彫刻家、長澤英俊氏の作品が今春千代田区神田錦町に設置されます。その機会に帰日する長澤氏が、テラススクエアの設計責任者、白井大之氏と、イタリアの美術評論家ジャコモ・ザザ氏と対談し、自身の制作活動や、作品と地域の繋がりなどについて語ります。

日伊同時通訳付

 

第一部 長澤英俊&白井大之

 テラススクエアにおける長澤彫刻作品について

第二部 長澤英俊&ジャコモ・ザザ

 モルフェッタ市立美術館における展覧会(2013年)について

 

お申し込み:件名を「3月28日特別対談」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel.03-3264-6011(内線13, 29)

主催:イタリア文化会館

協賛:テラススクエア、株式会社日建設計

企画協力:アールカンパニー

後援:千代田区

長澤 英俊 Hidetoshi Nagasawa

1940年、父親が軍医として勤務していた旧満州国牡丹江省東寧で生まれる。終戦後多くの居留日本人同様、長澤一家も引揚げを余儀なくされた。日本への帰路は長澤の人生に大きな影響を与え、作品のインスピレーションの元にもなっている。1963年に多摩美術大学を卒業。三年後、500ドルを持ち自転車でアジア大陸を自転車で横断する旅に出発、多くの国を経た後トルコに到着。帰国を決断した矢先、偶然ラジオから流れるモーツァルトの音楽を耳にした事をきっかけに旅を続行。ギリシアを経て船でイタリアのブリンディシに入り、ナポリ、ローマ、フィレンツェを経由し1967年にミラノに到着。1972年より彫刻に専念し、金、大理石、ブロンズを用いた作品を発表。作風は、故郷である東洋、そして西洋の神話や宗教的な要素の融合に特徴づけられている。また、重力とそれに反する力の探究は長澤作品の核であり、宙を浮遊するかのような作品の構想の元となっている。近年、ローマ・MACRO美術館において大規模な回顧展が開催された。現在もミラノに住み、ヌオーヴァ・アッカデミア・ディ・ベッレ・アルティ(NABA)で後進の指導にあたっている。

 

白井 大之 Hiroyuki Shirai

1963年香川県生まれ。1989年、神戸大学大学院修士課程を修了後、日建設計に就職。以来東京を中心に環境面に配慮した建築を数多く手掛ける。音楽ホールや大規模複合開発も多く携わり、大分県の複合文化施設・オアシスひろば21、晴海トリトンスクエア、東京ミッドタウンのガーデンサイドなどを担当。2010年に竣工したヤマハ銀座ビルでは音楽的なるものの表現を追求し、WAFの複合施設部門の最優秀賞、BCS賞本賞などを受賞。最近では三井住友海上駿河台新館(2012年)、大手町の読売新聞ビル(2013年

インフォメーション

開催日: 2015 年 3月 28 日


676