Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

Psychedelic Trance Tarantella tour 2015

日程:

09/06/2015


Psychedelic Trance Tarantella tour 2015

トカラシマ Kalàscima

イタリアのネオ・フォークグループ初来日コンサー

イタリア南部プーリア州サレント地方出身の6人グループ、カラシマは、南イタリアの民族音楽に外国の音楽を取り入れ、現代風にアレンジした独自のサウンドを創っています。イタリア内外で活躍する彼らが今回はじめて来日し、伝統的な楽曲をアレンジした作品やオリジナル曲など、昨年リリースしたアルバム“Psychedelic trance tarantella”に収められている曲を中心に演奏します。

リッカルド・ラガナRiccardo Laganà (パーカッション、ボーカル percussioni, voce)

アルド・イェッツァAldo Iezza (ザンポーニャ、バグパイプ、笛 zampogna, cornamusa, whistle)

ルカ・ブッカレッラ Luca Buccarella (アコーディオン、ボーカル organetto, voce)

マッシミリアーノ・デ・マルコ Massimiliano De Marco (ギター、マンドリン、アイリッシュ・ブズーキ chitarra, mandolino, bouzouki irlandese)

フェデリコ・ラガナ Federico Laganà (タンブリン、ダラブッカ、カホン、マランザーノ、ボーカル tammorre, darabuka, cajon, marranzano, voce)

リッカルド・バジーレ Riccardo Basile (ベース、ライヴ・エレクトロニクス、ボーカル basso, live electronics, voce)

 

お申し込み:件名を「6月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。

お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

 

カラシマ Kalàscimaプーリア州サレント地方出身の6人グループ。2003年に結成。同地の伝統的な民族音楽をもとに、バルカン音楽や、東欧系ユダヤの民謡をルーツにした音楽、クレズマーなどの外国の音楽のほか、電子音楽の要素も取り入れている。ザンポーニャ、バグパイプ、ラウネッダス、タンブリン、マンドリンなど民族楽器を用いつつ、現代的な音色を奏でる独自の世界を創りだしている。

イタリア内外で数多くのコンサートを開催。2012年のオーストラリアツアー公演では、国営放送ABCラジオ・ナショナルが一公演を完全収録した。また2013年にはAWME(オーストラリア・ワールド・ミュージック・エキスポ)に、イタリアのバンドとして唯一招聘され、演奏。同年、エクアドル、ドイツ、デンマーク、ベルギー、スイスで公演したほか、ハンガリーのシゲット・サウンド・フェスティバルにも参加した。その後も、南米、北欧、中東の国々でコンサートを開いている。

これまでに“Santa Maria del Foggiaro”(2010年)と“Psychedelic trance tarantella”(2014年)の2枚のアルバムをリリースしている。

インフォメーション

開催日: 2015 年 6月 09 日


695