Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

描かれた時間ーあるイタリア人漫画家の回想と感慨

日程:

07/12/2015


描かれた時間ーあるイタリア人漫画家の回想と感慨

講師:イゴルト

講演会

「歩く人たち イゴルトX谷口ジロー」展(11月28日~12月19日、イタリア文化会館)開催を記念し、イゴルトが講演会を行います。 イゴルトはイ タリアを代表する漫画家のひとりで、日本でも作品が出版されています。講演では、東京で講談社と仕事をしていた頃を回想し、当時の仕事上での新しい取り組 みや発見について語ります。とりわけ、ストーリーのそれまでにない語り口や、馴染んでいたのとは違う時間感覚に言及します。また、谷口ジローや坂本龍一ら との出会いや、そうした経験がどのように「Quaderni giapponesi」(イタリア、フランスで今年刊行)として結実したかにも触れます。さらに、イゴルトが日本に着想を得て描いた作品からなる映像も紹介します。

(日伊通訳付)

お申し込み:件名を「12月7日講演会」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。 お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it   Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

イゴルト Igort 1958年イタリア・サルデーニャ島カリアリ市生まれ。70年代後半に気鋭の漫画家として注目を集め始める。80年代より「Linus」「Alter」「Frigidaire」「Metal Hurlant」「L'echo des Savanes」「Vanity」「The Face」など国内外の雑誌で精力的に作品を発表。1994年にはヴェニス・ビエンナーレに招聘。代表作である「5 è il numero perfetto」は15カ国語に翻訳された。イタリアを代表する漫画家として、常に国際漫画界の第一線で活躍してきた。日本との縁も深く、90年代には「モーニン グ」(講談社)で連載を持ち、坂本龍一とのコラボレーションも行なった。描き手としてだけでなく、数多くの漫画雑誌や出版社を立ち上げ、イタリア漫画の興 隆に尽力してきたことでも知られている。また、音楽やエッセイなど他分野でも活躍し高い人気を誇っている。www.igort.com

 

インフォメーション

開催日: 2015 年 12月 07 日


750