Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

「ボッティチェリ展」開催記念シンポジウム

日程:

16/01/2016


「ボッティチェリ展」開催記念シンポジウム

ボッティチェリ展(2016年1月16日~4月3日、東京都美術館)開催を記念し、日伊の専門家によるシンポジウムを催します。(日伊同時通訳付)お問い合せ:イタリア文化会館 eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

本シンポジウムは満席になりました。

スピーカー:

小佐野重利 東京大学大学院教授アレッサンドロ・チェッキ 美術史家(パラティーナ美術館前館長)クリスティーナ・アチディー二 美術史家(フィレンツェ歴史・美術・文化人類学遺産および美術館群監督局前長官)ジョナサン・ネルソン シラキュース大学フィレンツェ校、ハーバード大学ルネサンス研究センター ヴィッラ・イ・タッティ学術事業担当副所長

第一部        4名のスピーカーによる発表クリスティーナ・アチディー二  「ボッティチェリとメディチ家」 “Botticelli e i Medici dei due rami”.

小佐野重利 「日本におけるフィレンツェ派の受容小史―とくにボッティチェリに言及して―」“Una storia della ricezione della ‘scuola fiorentina’ in Giappone, con particolare riferimento a Botticelli”

アレッサンドロ・チェッキ 「ボッティチェリの家庭内での暮らしについて」 “Sandro Botticelli, una vita in famiglia”

ジョナサン・ネルソン 「言葉とイメージ:ダンテおよびペトラルカの挿絵画家としてのボッティチェリ」“Parola e immagine: Botticelli, illustratore di Dante e Petrarca”

休憩

第二部        パネルディスカッション 上記4名によるパネルディスカッションです。休憩時間にお客様から質問を集め、スピーカーがそれにお答えします。

インフォメーション

開催日: 2016 年 1月 16 日


753