Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

ダヴィデ・アローニャ(ヴァイオリン)&田中資子(ハープ)コンサー

日程:

07/04/2016


ダヴィデ・アローニャ(ヴァイオリン)&田中資子(ハープ)コンサー

プログラム: ジョアキーノ・ロッシーニ G. Rossini アンダンテと変奏  

ピエトロ・マスカーニ P. Mascagni  歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲

フランソワ=アドリアン・ボワエルデュー F.A. Boieldieu    ハープとヴァイオリンのためのソナタ

ヴィンチェンツォ・ベッリーニ V.Bellini    歌劇「ノルマ」より「清らかな女神よ」

ジャック・イベール J. Ibert                   間奏曲   

アストル・ピアソラ A. Piazzolla  タンゴ・エチュード第3番

ルーチョ・ダッラ L. Dalla カルーソ

オットリーノ・レスピーギ O.Respighi 「古風な協奏曲イ短調」よりアダージョ                           ヴィットリオ・モンティ V. Monti チャルダッシュ

お申し込み:件名を「4月7日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。お問い合せ:イタリア文化会館  eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)

ダヴィデ・アローニャ ヴァイオリン Davide Alogna, violino イタリアで同世代を代表するヴァイオリニスト。6月には、ニューヨークのカー ネギーホールでニューイングランド・シンフォニック・アンサンブルと共演予定。ソリストとして、ベルリン・フィルハーモニー、パリのサル・コルトー、ミュ ンヘンのガスタイク、マドリッドのアテネオ・ホールなど世界の主要なホールでオーケストラと共演する。2009年、パリ国際大学都市の音楽賞を受賞し、1717年製のストラディヴァリウスを貸与され、コンサートを開く。2010年、ミラノ市から音楽賞を受賞。レッジョ・カラブリアのフランチェスコ・チレア音楽院やベルギーのナミュール高等音楽院で教鞭を執っている。

田中 資子 ハープ Tanaka Motoko, arpa  札幌市出身。東京藝術大学ハープ科卒業。桑島すみれ氏に師事。日本国内でハープ・リサイタル、および、ヴァイオリン、フルート、チェロ、ヴィオラ等とのアンサンブルを含む数々のコンサートに出演。2003年に活動拠点をイタリアに移し、ヨーロッパ各国やイスラエル等でリサイタルを中心に活動、好評を博している。2016年1月には、ダヴィデ・アローニャとの初のデュオCDをイタリア・ミラノ市で収録する。国内外のオーケストラでのコンサート活動にも積極的に参加。バレエや映画音楽にも活動の幅を広げ、古くは黒澤明監督の映画「乱」や山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズの一部でハープを担当した。2011年の震災後、宮城県内でチャリティー・ソロ・コンサートを開催。自ら作曲した鎮魂曲「3月11日」を初演した。また同時期に「水の中の線路」も手掛けている。イタリア在住。

インフォメーション

開催日: 2016 年 4月 07 日


769