Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

講演会「20世紀イタリア音楽における日本の詩歌」

日程:

27/03/2017


講演会「20世紀イタリア音楽における日本の詩歌」

講師:ラッファエーレ・ポッツィ(ローマ第三大学教授)

19世紀から20世紀にかけてイタリアで広がったデカダンティスムには、日本への大きな関心が現れています。文学ではガブリエーレ・ダンヌンツィオの「西洋うた」(Outa occidentale, 1884)、音楽ではピエトロ・マスカーニのオペラ「イリス」(1898)やジャコモ・プッチーニの「蝶々夫人」(1904)などにその痕跡が見られます。また、後期エキゾチシズムの時代の作品には、フランチェスコ・サントリクイド作曲の「3つの日本の短歌」(Petits poèmes japonais, 1920)やヴィンチェンツォ・ダヴィコの「日本の叙情詩」(Liriche giapponesi, 1921)などがあります。その後も短歌や俳句は、ジュゼッペ・ウンガレッティ、ピエル・パオロ・パゾリーニ、エドアルド・サングイネーティ、アンドレア・ザンゾットといった作家たちに賞賛されており、現代では、マルチェッロ・パンニ、ジュリオ・カスタニョーリ、ロマン・ヴラドなどが日本の詩歌に関心を寄せています。
本講演では、長年音楽学と音楽史を教えているポッツィ氏が、具体的な作品に言及しながら、20世紀のイタリア音楽に見られる短歌や俳句の影響について論じます。
(日伊逐次通訳付)

お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 10)

ラッファエーレ・ポッツィ Raffaele Pozzi
1956年ローマ生まれ。ローマ第三大学教授。専門は音楽学、音楽史。オリヴィエ・メシアンに関する研究書をイタリアで初めて出版する(Il suono dell’estasi, 2002)。ゴッフレード・ペトラッシ、オリヴィエ・メシアン、ジャコモ・マンゾーニなど作曲家に関する著作を多数監修。イタリア内外の研究機関、文化機関で講座や講演会を開く。2005年にローマ第三大学内で開始した音楽プロジェクトMusicaInFormazioneの芸術監督。イタリア国営放送RAI、ミラノ・スカラ座、サンタ・チェチ―リア国立アカデミー、ボローニャ歌劇場、パリのシテ・ドゥ・ラ・ミュージックとも仕事をしている。

インフォメーション

開催日: 2017 年 3月 27 日

時間: 18:30 20:00

主催 : イタリア文化会館

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館

1009