Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

ラウラ・リヴェラーニ写真展 アイヌの現在

日程:

03/03/2017


ラウラ・リヴェラーニ写真展 アイヌの現在

アイヌの人々は日本列島北部周辺に居住し、厳しい自然環境のもとで独自の文化を育んできました。その起源についてはまだ明らかにされていない点がありますが、熊送りの儀式や女性が口の周りに刺青を入れるといった習慣などがよく知られています。
本展では、写真家リヴェラーニが今を生きるアイヌの人たちや、彼らが暮らす土地の風景などを撮った作品44点を展示します。
リヴェラーニは、写真を通して現代社会におけるアイデンティティの意味を問い、また、コミュニティの帰属の意味をアイヌ文化の継承、アイヌ語の保存、権利の回復において探っています。
展覧会会場には、クリエイター集団Lunch Bee House(L.リヴェラーニ、空音央、V.トルステインドッティル)が制作した映像も映します。

*3月11日(土)、16日(木)の午後4時から6時までリヴェラーニが会場にて皆さまをお待ちしています。


お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it Tel. 03-3264-6011(内線24, 10)

3月6日(月)18時より来日するリヴェラーニ氏を囲んで、開会式および懇親会を行います。参加をご希望の方は、こちらをクリックしてください。。

ラウラ・リヴェラーニ Laura Liverani
写真家。ボローニャ大学で視覚芸術を学び卒業した後、イギリスのウエストミンスター大学写真科の専門課程を修める。イタリアのほかアジア諸国で生活し、写真家として活動してきた。作品は各地で展示され、またシンガポール国際写真フェスティバル(2014)やローディの写真フェスティバル(2016)などにも参加。ベネトンのClothes for Humansなど、さまざまな雑誌に作品が掲載されている。ISIA(イタリア・ファエンツァ)、ナショナル・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ダブリン)、ミドルセックス大学(ロンドン)などで写真を教える。2015年、長期にわたっててがけているプロジェクト「アイヌ・ネノアン・アイヌ」がヴォリーノ賞を受賞。

インフォメーション

開催日: 開始日 2017 年 3月 03 日 終了日 2017 年 3月 18 日

時間: 11:00 18:00

主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo

協力 : Collettivo Internazionale Lunch Bee House

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 エキジビションホール

1002