Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

上映会「デザインでめぐるイタリア」3日目

日程:

04/03/2018


上映会「デザインでめぐるイタリア」3日目

イタリアン・デザイン・デーの一環として、3月2日(金)~4日(日)まで、ミラノ・デザイン・フィルムフェスティバル監修によるドキュメンタリー10本の上映会を開催します。
*「イタリアン・デザイン・デー」は、イタリア外務・国際協力省が、文化財・文化活動・観光省、ミラノ・トリエンナーレなどとともに推進し、イタリアデザインの歴史と現状を広く伝えることを目的に、昨年始まったイベントです。
上映会3日目は、上映に先立ち、デザイナー、シモーネ・チャルモリ氏(チャルモリ・ケダ・スタジオ)によるゲストトークを行います。

3日目(3月4日)上映作品
ビフォー・デザイン・クラシック Before Design Classic
(マッテオ・ガローネ監督, 2016, 7分)
2016年にミラノ・サローネ国際家具見本市で企画された同名の展示会のために製作されたこの短編映画は、ピシーナ・ミラビリス(ナポリのカーポ・ミセーノにあるローマ時代の貯水槽)を舞台としている。その場所は、子供たちの集団が寄り集まり、あたかもポスト核時代のシェルターであるかのような様子を呈している。監督の解釈によるならば、古典は「時代を経ても、そのもの自体の個性を失うことなく未来への橋渡しをする美」を体現するという。ガローネの作品らしく、しばしば忘却され、隠されてしまっているイタリアの宝に再び命を吹き込んでいる。

ジオ・ポンティを愛して Amare Gio Ponti
(フランチェスカ・モルテーニ監督, 2015, 35分)
建築家であり、イタリアンデザインを牽引してきた先駆者ジオ・ポンティ。50年以上にわたり、不屈の精神ですべてのことを試みた。小さな物から大きな物まで、例えば、取っ手のデザインから都市計画の構想まで。「建築とは人生の解釈だ」と彼は書いている。無関心と忘却の彼方へ追いやられようとしていた近代の伝播者である。

アムーリ シチリアの秘密の味 Amuri. The Sacred Flavour of Sicily
(ジャコモ・コスタ監督, 2015, 36分42秒)
「アムーリ」は、シチリア島内で行われる5つの宗教祭典における、食彩と職人技をめぐる1年にわたる旅である。これは島民以外の人には稀にしか見られないシチリアであり、カメラがとらえようとするのは、パン生地を捏ねるおばあさんや、村の司祭などだ。「アムーリ」は、シチリア人の精神の中心にある料理と宗教の伝統の心の描写である。それらの伝統は、何世紀にもわたる侵略、地震そして頽廃を乗り越えてきたのである。


お申し込み方法:こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it   Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)

ミラノ・デザイン・フィルムフェスティバルは、2013年に創設され、年に一度ミラノで開催される独創的な映画祭です。特にドキュメンタリー作品を取り上げるこの映画祭では、過去と現在のデザイナーたちの物語や、スタイル、前衛運動の物語、また、都市化から農業、経済のグローバル化から環境問題といった社会的に重要なテーマを扱った作品が上映されます。この映画祭の目的は多岐にわたります。イタリアと世界各国の監督や自主製作者たちのスタンダードな受け皿になること、また、名の知られた、あるいはより評価の高い製作者にとって、新たな配給手段となることです。さらに、一般の観客にデザインと建築の最先端の概念を知ってもらうこと、私たちの使うものや生活に関わるものはすべて設計とつながっているというビジョンを普及させることです。映画を通じて語られる物語のいずれもが、すべての人に、私たち一人一人の物語に関係しています。ミラノ・デザイン・フィルムフェスティバルは、上映会のみならず、様々な視聴覚ジャンルや創造性とデザインのテーマに関して、革新的かつ整った文化伝達・普及システムのための多機能的な場であり続けています。

インフォメーション

開催日: 2018 年 3月 04 日

時間: 15:00 17:00

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1098