Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK
iic_tokyo

バロック音楽コンサート

日程:

07/06/2018


バロック音楽コンサート

ここ50年のバロック音楽の研究により、忘れ去られていた作曲家の作品に光が当てられるようになってきました。知名度では劣っていても、どの作曲家も、17世紀から18世紀にかけて花開いたこの音楽を形成するモザイクの素晴らしい一片となっています。
本コンサートでは、3人の演奏家が、普段なかなか聴くことのできない作品を中心に披露します。

ルイジ・アッカルド チェンバロ
ニコラ・ブロヴェッリ バロックチェロ
ディエゴ・レヴェリッチ アーチリュート

プログラム
F. ジェミニャーニ(1687-1762) Op.5より チェロと通奏低音のためのソナタ ニ短調
S. ラピス(1699-1765) 12のチェンバロソナタより 第3番 スピリトーゾ
G. ザンボーニ(1664-1721) リュート・ソナタ集より シャコンヌ
A. ヴィヴァルディ(1678-1741) チェロと通奏低音のためのソナタ 変ロ長調
S. ラピス 12のチェンバロソナタより 第8番 アレグロ
G. ザンボーニ(1664-1721) リュート・ソナタ集より 第4番
S. ランツェッティ(1710-1780) Op.9より チェロと通奏低音のためのソナタ イ短調

お申し込み方法につきましては、準備ができ次第、本ページに掲載しますので、今しばらくお待ちください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it  Tel. 03-3264-6011(内線24, 29, 13)


ルイジ・アッカルド Luigi Accardo
カリアリ生まれ。カリアリ国立音楽院でローザビアンカ・ラケルに師事しピアノ科を修了。また、ピアチェンツァ国立音楽院でパオラ・ポンセに師事しチェンバロ科を修了。同校でチェンバロや室内楽の修士課程を終える。イタリアの他、ヨーロッパ各国、ロシア、クウェートで演奏する。イタリアのアンサンブルやオーケストラと数多く共演している。Stradivarius, Arcana, Revalve Records, Bakerteam RecordsからCDをリリースしている。

ニコラ・ブロヴェッリ Nicola Brovelli
ヴァレーゼ県ブスト・アルスィツィオ生まれ。カテリーナ・デッラニェッロに師事し、チェロを学び始める。ミラノ国立音楽院修了。その後、世界的に著名なチェリストのさまざまなマスタークラスに参加。ヴェルディ・バロッカ・ディ・ミラノ、RAI国立交響楽団、ミラノ・クラッシカ室内楽オーケストラ、アカデミア・デル・サント・スピリト、イ・ムジチ・ディ・サンタ・ペラージャなどと定期的に共演している。Concerto Classics, Brilliant, Sony, Tactus, CPOからCDをリリースしている。

ディエゴ・レヴェリチ Diego Leverić
クロアチアのロヴィンジ生まれ。パヴィア大学音楽学部やバーリ音楽院で、リュートとクラシックギターを学び修了。初のソロCD「ヴァイス・ア・ローム」(Weiss a Rome)は世界的に高く評価された。自身が主宰するアンサンブル、アルティ・クール・アツィオーネとともに演奏したCDがArcanaからリリースされる。モスクワ音楽院、上海交響楽団ホール、復旦大学(上海)はじめ、ヨーロッパ各国、ブラジル、中国などで演奏会を行っている。

インフォメーション

開催日: 2018 年 6月 07 日

時間: 18:30

主催 : イタリア文化会館

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1118