Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネ&ジュリオ・ナポリターノ写真展「Un bagaglio leggero ふたりのイタリア人フォトグラファー スマホで日本を撮る」

日程:

23/01/2019


ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネ&ジュリオ・ナポリターノ写真展「Un bagaglio leggero ふたりのイタリア人フォトグラファー スマホで日本を撮る」

ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネとジュリオ・ナポリターノは2015年、インスタグラムを中心としたプラットフォーム14&15 Mobile Photographaersを設立しました。これは、モバイルフォトグラファーやその作品の紹介を主な目的としていました。翌2016年、そのなかで始めた、イランの人たちがじかに自国について発信するプロジェクトについて、イタリア文化会館で講演しました。初来日となったその機会に、ふたりはスマートフォン片手に日本各地を巡り、出会った人々や風景を撮影しました。
本展では、その時に撮影した写真のなかから約100点をタブレットなどを使ってディスプレイし、そのうち30点はプリントして展示します。
本展のタイトル「Un bagaglio leggero」は直訳すると、「軽い荷物」の意です。ふたりが撮影に使ったのはスマホのみで、まさに身軽に行動し、自分たちの世界とはまったく異なる世界で、計画や先入観なしに、人々や文化を捉えています。ふたりは目の前のものをシンプルに撮影していますが、それらの写真は、写真家としての豊かな経験に裏打ちされています。

ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネ
Giorgio Cosulich de Pecine

1970年4月ローマ生まれ。プロのフォトグラファーとしての活動は25年以上に及ぶ。これまでニューズウィーク、タイム、ヴァニティ・フェア、CNN、ニューヨーク・タイムズ、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン、ガーディアン、Geo、国際連合、ナイキ、エッソなどと仕事をし、世界各国が現在抱えている課題や社会問題を写真に収めてきた。数多くの写真フェスティバルに参加するなど、イタリア国内外で作品が紹介されている。写真集Il Respiro del Silenzio(静寂の呼吸, Ede社, 1998)、Africa Express(アフリカ・エクスプレス, Postcart社, 2012)を出版。近々、Addis(14&15)が出版される予定である。近年、スマートフォンで写真を撮るプロジェクトを推進している。
2015年、ジュリオ・ナポリターノとともに、14&15 Mobile Photographersを設立する。出版社であり、インスタグラムを中心としたプラットフォームでもある。
コズリッチの写真はゲッティイメージズを通して世界中に提供されている。
www.giorgiocosulich.it

 

ジュリオ・ナポリターノ
Giulio Napolitano

1972年4月ローマ生まれ。同地を拠点にインディペンデント・フォトグラファーとして活動している。
2003年からフランス通信社と仕事をした。これまで、写真がル・モンド、L’Express、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン、タイム、ニューズウィーク、USAトゥデイ、デア・シュピーゲル、インテルナツィオナーレ、コッリエーレ・デッラ・セーラなどイタリア国内外の新聞や雑誌に掲載される。
現在、FAO(国際連合食糧農業機関)、IFAD(国際農業開発基金)、PAM(国際連合世界食糧計画)と仕事をしている。
2017年からは、ブルームバーグからの依頼も受けている。
2015年に、ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネとともに、モバイルフォトグラファーやその作品の紹介に特化したサイト14&15 Mobile Photographersを立ち上げるなど、数々の個人のプロジェクトも進めている。
www.giulionapolitano.com 

インフォメーション

開催日: 開始日 2019 年 1月 23 日 終了日 2019 年 2月 09 日

時間: 11:00 18:00

主催 : イタリア文化会館

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 エキジビションホール

1196