Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

フェデリコ・フェリーニ生誕100周年記念 『8 1/2』特別上映会

日程:

20/01/2020


フェデリコ・フェリーニ生誕100周年記念 『8 1/2』特別上映会

2020年は、イタリアが生んだ偉大な映画監督、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993)の生誕100周年にあたります。1950年の『寄席の脚光』以降、40年にわたって『道』『カビリアの夜』『甘い生活』といった名作を手掛けたフェリーニ。その独創的な作品群は映画のみならず、音楽、絵画、舞台、写真といったあらゆるアートに多大な影響を及ぼしました。2020年は、フェリーニ生誕100周年を記念し、GWに開催する「イタリア映画祭2020」では監督作の上映を、また7月にはYEBISU GARDEN CINEMAにて代表作を網羅した特集上映が開催される予定です。この「フェリーニ・イヤー」の皮切りとして、誕生日の1月20日に彼のフィルモグラフィーの中でも特に人気の高い『8 1/2』を上映します(日本語字幕付)。


『8 1/2』 1963年/イタリア/モノクロ/138分
映画監督のグイドは、新作の構想を練るため温泉地へとやってくるが、一向に作業がはかどらない。次第に彼は過去と現在、現実と幻想の垣根を飛び越えていき……。盟友、マルチェロ・マストロヤンニがグイドに扮し、めくるめく映像世界が繰り広げられるフェリーニの代表作。アカデミー賞外国語映画賞を受賞。


お申し込み: こちらをクリックしてください。
お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it

 



フェデリコ・フェリーニ Federico Fellini
(1920-1993)
リミニ生まれ。高校卒業後に新聞社に勤務、風刺画や雑文を書く。ロベルト・ロッセリーニ監督の『無防備都市』(1945)の脚本を担当し、1950年の『寄席の脚光』で監督デビュー(共同監督)。監督3作目の『青春群像』(1953)がヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。続く『道』(1954)が世界中で大ヒットを記録、国際的に名声を確立。その後も新作を発表するごとに大きな注目を浴び、4度のアカデミー賞外国語賞を得たほか、『甘い生活』(1960)でカンヌ国際映画祭パルムドールを獲得。1992年アカデミー賞名誉賞受賞。

インフォメーション

開催日: 2020 年 1月 20 日

時間: 18:30

主催 : マーメイドフィルム、イタリア文化会館

協力 : コピアポア・フィルム、ザジフィルムズ

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館 アニェッリホール

1271