Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

ダンテ・アリギエーリ没後700年記念「ダンテを聴く、ダンテから着想する」~島田雅彦氏を迎えて~

日程:

19/10/2021


ダンテ・アリギエーリ没後700年記念「ダンテを聴く、ダンテから着想する」~島田雅彦氏を迎えて~

イタリア最大の詩聖ダンテ・アリギエーリ(1265-1321)の没後700年を記念し、作家の島田雅彦氏を迎えてイベントを開催します。
島田氏の講演の前には藤谷道夫氏(慶應義塾大学文学部教授、イタリア学会会長)が『神曲』の地獄篇第5歌を解説するとともに、イタリア人女優エレナ・ブッチ氏による朗読映像(日本語字幕付)を上映します。

会場での観覧をご希望の方はこちらをクリックしてください。
オンライン視聴をご希望の方はこちら をクリックしてください (Youtube live)


お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.it


スケジュール(予定)
18:30 挨拶:イタリア文化会館館長代理アルベルト・マナイ
18:35 解説:藤谷道夫「地獄篇第5歌」
19:05 朗読映像:エレナ・ブッチ「地獄篇第5歌」
19:15 講演:島田雅彦「登山と回心」
20:15 質疑応答:島田雅彦、藤谷道夫
20:30 閉会

 


島田 雅彦 Shimada Masahiko
1961年東京生まれ。1984年東京外国語大学ロシア語学科卒。在学中の1983年『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー。主な作品に『夢使い』、『彼岸先生』(泉鏡花賞)、『自由死刑』、『退廃姉妹』(伊藤整文学賞)、『悪貨』、『虚人の星』(毎日出版文化賞)、『君が異端だった頃』(読売文学賞)、『スノードロップ』ほか多数。『忠臣蔵』、『Jr.バタフライ』、『スーパーエンジェル』などオペラ台本や歌曲の詞もある。芥川賞選考委員。法政大学国際文化学部教授

エレナ・ブッチ Elena Bucci
女優、作家、演出家。劇団Le belle bandiere主宰。古典、現代作品、自作を演出し、また出演している。さまざまな分野のアーティストによるプロジェクトを企画し、自身も参加している。受賞多数。主なものに、自身の作品の演出と出演によるイタリアの主要な演劇賞Ubu賞、クラウディオ・モルガンティとの作品でのUbu賞、ドゥーゼ賞、ヒストリオ賞(イタリア演劇批評家協会)、オリンピチ賞、ヴィヴィアーニ賞など。映画にも出演し、さらにはラジオやテレビ番組の脚本も書き、出演している。イタリア内外の伝統的な作品、前衛的な作品を上演する劇場やフェスティバルと協働。大学やアカデミーで教鞭を執るほか、雑誌などに寄稿している。

藤谷 道夫 Fujitani Michio
1958年広島県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒。筑波大学大学院博士課程文芸言語研究科文学(西洋古典学)専攻課程修了。フィレンツェ大学留学。現在、慶應義塾大学文学部教授。専門は、西洋古典文学、ダンテ。著書に『ダンテ「神曲」における数的構成』(慶応義塾大学出版会)、『ダンテの「神曲」を読み解く』(教育評論社)、«Shinkyoku», il canto divino. Leggere Dante in Oriente, Editrice Università degli Studi di Trento、訳書に、マリーナ・マリエッティ『ダンテ』(白水社)、『神曲』地獄篇第1歌-第17歌(河出書房新社)など。


ご来場のお客様へのお願い
・発熱や風邪、嗅覚異常や味覚障害の症状がある方、体調がすぐれない方はご来場をご遠慮ください。
・ご来場の際にはマスクの着用をお願いいたします。
・ご入館時には検温をさせていただきます。その結果、37.5度以上の発熱が認められた場合、入場をお断りいたします。
・飛沫感染予防のため、会話はできるだけお控えください。
・館内では石けんや手指用アルコール消毒液を使用しての手洗いにご協力をお願いいたします。

インフォメーション

開催日: 2021 年 10月 19 日

時間: 18:30

主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo

入場 : 無料


会場:

イタリア文化会館アニェッリホール&ストリーミング配信

1393