Istituto Di Cultura - Tokyo

催し物

記憶の日2022 G.コーエン&P.ルッス&B.エラモ オンラインコンサート
記憶の日2022 G.コーエン&P.ルッス&B.エラモ オンラインコンサート2022 年 1月 26 日

2000年7月20日、イタリア議会は1945年にソ連軍によってアウシュヴィッツ強制収容所が解放された1月27日を「記憶の日」(Giorno della Memoria)と名付け、公式な記念日としました。これは、ショア―や人種法の犠牲者、移送や監禁、政治的理由により死にいたった人々と、虐殺計画に反対し、迫害された人々を守り、命を救ったすべての人々を記憶する日として定められました。そしてこの時期、ナチスの収容所でユダヤ人など被収容者の身に起こったことを記憶し、二度とこのような惨事が繰り返されないために、さまざまな熟考の場や機会が提案されています。 今回イタリア文化会館では、クレズマーやイディッシュの音楽を旅するオンラインコンサート(1月26日~、50分)とドキュメンタリー映画上映会(1月27日)を開催します。 これらの音楽は400年にわたる歴史をもち、東欧からアメリカに渡り、G.ガーシュウィン、B.グッドマン、M.カッツ、J.ゾーンの音楽を通してジャズに影響を与えました。本コンサートでは、クレズマー音楽を代表するイタリア人演奏家G.コーエンが、B.エラモをスペシャルゲストに迎え、ピアニストのP.ルッスとともに演奏します。 ガブリエーレ・コーエン クラリネットピエトロ・ルッス ピアノバルバラ・エラモ ヴォーカル プログラムM.ヴァーシャフスキー Oyfn...

詳細
記憶の日2022 ドキュメンタリー「1938年 我々がイタリア人ではなくなった時」上映会
記憶の日2022 ドキュメンタリー「1938年 我々がイタリア人ではなくなった時」上映会2022 年 1月 27 日

2000年7月20日、イタリア議会は1945年にソ連軍によってアウシュヴィッツ強制収容所が解放された1月27日を「記憶の日」(Giorno della Memoria)と名付け、公式な記念日としました。これは、ショア―や人種法の犠牲者、移送や監禁、政治的理由により死にいたった人々と、虐殺計画に反対し、迫害された人々を守り、命を救ったすべての人々を記憶する日として定められました。そしてこの時期、ナチスの収容所でユダヤ人など被収容者の身に起こったことを記憶し、二度とこのような惨事が繰り返されないために、さまざまな熟考の場や機会が提案されています。 今回イタリア文化会館では、オンラインコンサート(1月26日~、50分)と、ピエトロ・スベル監督によるドキュメンタリー「1938年...

詳細