Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

Calendario

 

Calendario

検索フォーム

Ciclo di proiezioni cinematografiche

Ciclo di proiezioni cinematografiche

2019 年 5月 15 日2019 年 7月 10 日

Un’affascinante carrellata di film recenti, tutti presentati in versione originale con sottotitoli in inglese, permette...

上映会「われ、レオナルド -ダ・ヴィンチとのありえない対話(インタビュー)ー」

上映会「われ、レオナルド -ダ・ヴィンチとのありえない対話(インタビュー)ー」

2019 年 6月 21 日

2012年ロンドンで、演劇「われ、レオナルド -ダ・ヴィンチとのありえない対話(インタビュー)ー」が初演されました。これは、万能の人ダ・ヴィンチを取り上げ、演劇やアート、コンテンポラリーダンスを融合した作品です。演出・主役を務めたマッシミリアーノ・フィナッツェル・フローリは、ダ・ヴィンチの没後500年の本年、同名の映画を撮りました。本作は、ふたりのジャーナリストが、ダ・ヴィンチに関する新たな事実を求めて、ダ・ヴィンチの足跡を辿る物語です。われ、レオナルド ―ダ・ヴィンチとのありえない対話(インタビュー)―Essere...

オプテル・アンサンブル コンサート

オプテル・アンサンブル コンサート

2019 年 6月 28 日

グリエルモ・ペッラリン ホルンフランチェスコ・ロヴァート ヴァイオリンフェデリコ・ロヴァート ピアノホルン、ヴァイオリン、ピアノという珍しい構成で、イタリア音楽界でも異彩を放っているオプテル・アンサンブルがG.カショーリ、G.リゲティほかの作品を演奏します。プログラムジャンルカ・カショーリ(1979...

チェロ&エレクトロニクスコンサート Artificial Nature

チェロ&エレクトロニクスコンサート Artificial Nature

2019 年 7月 07 日

フランチェスコ・ディロン チェロ有馬 純寿 エレクトロニクス「今回皆様にお届けするのは、近年の作品および最新作です。なかでも原田敬子氏と小出稚子氏の作品は世界初演となります。これらの作品は、多様な形式や音楽言語が存在する現代音楽のクリエイティヴィティを反映しています。ジョヴァンニ・ヴェッランド氏の「フィフス・ボーン・ユニコーン」は演奏とコンセプトという点で実験主義的な作品であり、デイヴィッド・ラング氏の「ワールド・トゥ・カム」はニューヨークのポスト・ミニマリズムの作品です。観念的には、ある意味、対峙する2作品ですが、その間にはさまざまな音や美学が存在します。本プログラムの演奏では、チェロのアコースティック・サウンドと、エレクトロニクスによる音が対話し、共鳴し合います。アラッラ作品ではチェロの音を直接増幅あるいは反響させ、ラング作品では録音したチェロの音を生の音と対話させ、ヴェッランド作品ではチェロの部品をならす音を取り入れています。チェロの生の音や作られた音が、さまざまな表情を見せる現代音楽の旅をどうぞお楽しみください。」フランチェスコ・ディロンプログラムパオロ・アラッラ(1960...

講演会「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora Studiesへの招待」

講演会「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora Studiesへの招待」

2019 年 7月 09 日

「イタリア系移民」と聞いて、みなさんはなにを思い浮かべますか? 映画「ゴッドファーザー」が描くマフィアの世界、あるいは、リトル・イタリーで賞味するミートボール・スパゲッティ……? 19世紀末から20世紀にかけて、イタリアの移民は北アメリカのみならず、世界中に散らばっていきました。今日においてもなお、世界各地にはイタリア系のコミュニティが点在し、祖父母(あるいは曾祖父母)の記憶や物語を受け継いでいます。今回のイベントでは、南伊のカラブリア大学からマルゲリータ・ガネーリ教授をお招きして、イタリア系移民の文化や歴史についてお話しいただきます。ガネーリ教授は2014年に「イタリアン・ディアスポラ・スタディーズ」という研究プロジェクトをスタートさせ、イタリア内外の研究者と連携しながら、世界に離散したイタリア人のコミュニティについて調査を進めています。聞き手は、留学時代にガネーリ教授の講義から多くを学んだという、翻訳家の栗原俊秀氏。移民文学の話題とも絡めながら、イタリア系移民が築いた豊かな文化の一端を紹介していきます。(日伊逐次通訳付)   お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

展覧会「イタリアン・デザインの島々 美しさを形にする」

展覧会「イタリアン・デザインの島々 美しさを形にする」

2019 年 7月 13 日2019 年 7月 27 日

イタリアン・デザイン・デー2019の一環として開催する本展では、日本に進出しているイタリアの10社の製品を、各社1点ずつ展示します。それらの製品には、イタリアン・デザインの美しさや革新性があり、また、利便性も持ち合わせています。建築家マッテオ・ベルフィオーレ氏の監修による本展の展示方法は、展覧会タイトル「L’Arcipelago...

講演会「オリジナルとコピー、そしてカラヴァッジョ」

講演会「オリジナルとコピー、そしてカラヴァッジョ」

2019 年 7月 17 日

講師:小佐野 重利(東京大学名誉教授、同大特任教授)木村 太郎(大阪芸術大学非常勤講師)前田...

レナータ・アルロッティ ギターコンサート The Japan Suite

レナータ・アルロッティ ギターコンサート The Japan Suite

2019 年 7月 25 日

プログラムヨハン・セバスティアン・バッハ (1685-1750)前奏曲、フーガとアレグロ変ホ長調...


6