このサイトでは、技術、分析、およびサードパーティの Cookie を使用しています。
閲覧を続けることで、Cookie の使用に同意したことになります。

環境設定 cookies

「イタリア玩具の世界」展

Giocare instagram

本展では主に20世紀の玩具や、玩具をモチーフに近年制作された絵画や模型など約80点を展示します。
玩具や絵画、デザイン、模型に彩られた道筋を通じて、遊びが実際にはとても真剣なものであり、人生の重要な側面であることを展示品は教えてくれます。
一つのまったく同じ遊びが、単なる暇つぶしであるときもあれば、人々を、それも世代を超えて結びつける瞬間であるときもあります。厳格で破ってはならないルールに従いながらも、大いなる創造性と自由へと開かれてもいます。淡く思い出にのこることもあれば、数えきれないほどの人々を遊びのダイナミズムの中に巻き込むこともあるでしょう。
本展では古くからの玩具の近くに、その子孫である現代の玩具を展示します。古い人形の近くには、私たちの時代のバービー人形が。一方にはボールのような世界共通の玩具があり、他方には地理や文化に由来する特徴を備えた玩具が。ピノッキオやトッポ・ジージョ、カリメロのようなイタリアらしい玩具が現実とファンタジーの狭間にある魅力的な旅路へと私たちを導いてくれることでしょう。

「イタリア玩具の世界」展
監修:エルマンノ・テデスキ
協力:ナポリ国立考古学博物館(MANN)、トリノ学校と児童書の博物館(MUSLI)、ポンペオ・ヴァリアーニ教授(MUSLI館長)、ケルチェッティ社、トリノ『櫻』日伊交流協会

会場:イタリア文化会館エキジビションホール
会期 :6月28日(水)~8月23日(水)11:00~17:00
休室日:土曜日、日曜日、8月14日(月)、8月15日(火)
開会式:6月27日(火)16:30~18:30
*開会式への参加を希望される方はこちらをクリックしてお申込みください。
お問い合わせ: eventi.iictokyo@esteri.it