Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞短編映画賞最終候補作品上映会

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞短編映画賞最終候補作品上映会

2022 年 7月 29 日

イタリアのアカデミー賞と称されるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞。67回目の本年、短編映画賞部門では「ミストラル」(Maestrale)が受賞しました。イタリア文化会館では同作を含む最終候補作品5作を日本語字幕付で上映します。テーマも作風も多岐に渡る5作をお楽しみください。お申し込み:こちらをクリックしてください。お問い合せ:eventi.iictokyo@esteri.it上映作品最後の人が明かりを消すと(L’ultimo...

イタリア映画祭2022 オンライン上映 第2部

イタリア映画祭2022 オンライン上映 第2部

2022 年 7月 07 日2022 年 8月 07 日

オンライン上映第2部は過去の映画祭で好評を博した名作やコメディー、スター出演作品などバラエティーに富んだラインアップです。 第2部...

短編映画上映会

短編映画上映会

2022 年 6月 21 日

イタリア文化会館では一昨年、昨年と国立短編映画センター(Centro Nazionale del Cortometraggio)の協力のもと、7月から8月にかけて短編映画を英語字幕付で配信しました。今年は日本語字幕を付けた6作品を当館ホールでリアル上映することにしました。昨年製作されたバラエティーに富んだこれらの作品をぜひお楽しみください。 お申し込み:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

Fare cinema 2022

Fare cinema 2022

2022 年 6月 13 日2022 年 6月 19 日

Fare cinemaはイタリア外務・国際協力省が世界各地のイタリア大使館、領事館、文化会館とともに、文化省、ANICA(全国映画産業協会)、イタリア貿易促進機構、チネチッタ、イタリアフィルムコミッション、イタリア映画アカデミー-ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の協力を得て推進しているプロジェクトで、イタリア映画と映画産業を普及することを目的に行われます。5回目を迎える今年は、以下のオンラインコンテンツを無料で公開します。 イタリアン・ルネッサンスクラウディオ・ジョヴァンネージ、ラウラ・ルケッティ、ガブリエーレ・マイネッティ、スザンナ・ニッキャレッリ、シドニー・シビリア、5人の監督の短編作品をそれぞれのインタビューとともにご覧いただけます。インタビューをご覧になるにはこちらをクリックしてください。短編作品をご覧になるにはこちらをクリックしてください。視聴可能期間:6月13日~19日 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞...

第58回日伊声楽コンコルソ2022 2次予選

第58回日伊声楽コンコルソ2022 2次予選

2022 年 6月 13 日

日伊声楽コンコルソは、次世代の日本オペラ界を担う人材発掘を目指して行なわれる、国内有数の声楽コンクールです。1964年、日伊音楽協会の設立とともに第1回が開催され、本年で58回目を迎えます。イタリアのオペラ・アリア並びに歌曲のみで競われ、他の大多数のコンクールが複数の原語による課題曲を設定しているのに対し、あくまでイタリア・オペラに特化した極めて珍しいコンクールです。歴代優勝者からは、イタリア・オペラのスペシャリストを多く輩出してきました。 公式サイトはこちらをクリックしてください。 1次予選を通過した方々がイタリア文化会館ホールでの2次予選に進みます。2次予選は6月13日(月)に公開で開催されます。開演:11時30分(開場11時)ご参加を希望される方はこちらをクリックしてお申込み下さい。ご予約についてのお問い合せ:...

イタリア映画祭2022 オンライン上映

イタリア映画祭2022 オンライン上映

2022 年 5月 19 日2022 年 6月 19 日

今年で22回目を迎えたイタリア映画祭は3年ぶりの劇場での開催に続き、オンラインでも上映します。新作や過去のイタリア映画祭で上映した作品、短編などさまざまなイタリア映画を紹介します。 第1部...

イタリア映画祭2022

イタリア映画祭2022

2022 年 4月 29 日2022 年 5月 04 日

2001年に始まったイタリア映画祭は今年で22回目を迎えます。前々回、前回とコロナウイルスの感染拡大により開催中止あるいは延期を余儀なくされましたが、今年は3年ぶりにオフラインで開催することになりました。今回上映するのは、2021年以降に製作された日本未公開の新作12本。加えて、日本の劇場での権利が切れている旧作4本を特別に上映します。また、一昨年と昨年に引き続いてオンラインも併用し、様々なイタリア映画を紹介します。公式ホームページはこちら インフォメーション日程:...

Italian Brains in Japan: Italian Researchers studying Neuroscience in Japan

Italian Brains in Japan: Italian Researchers studying Neuroscience in Japan

2022 年 4月 22 日

The human brain is a fascinating organ controlling the nervous system, which we still fail to understand completely. Neuroscience...

ドキュメンタリー「ヨナグニ~旅立ちの島~」上映会

ドキュメンタリー「ヨナグニ~旅立ちの島~」上映会

2022 年 4月 21 日

イタリア出身の映像作家アヌシュ・ハムゼヒアン氏と写真家のヴィットーリオ・モルタロッティ氏が監督を務めた「ヨナグニ~旅立ちの島~」の上映会を開催します。かつて与那国島はアジアの交易の中継地として栄え、その交流から生まれた文化と、日本や沖縄本島とも異なる独自の言語は島の誇りでした。ハムゼヒアン氏とモルタロッティ氏は今まさに消滅の危機に瀕する島の言葉「どぅなん」を記録、観察するために与那国島に長期にわたり滞在しました。本作では、高校のないこの島を舞台に、卒業前の中学生たちを主に取材し、学校生活や豊かな自然で戯れる放課後、思春期の本音が漏れる会話を通して、多感な10代の日々を映し出すとともに、失われつつある「どぅなん」や伝統文化がゆっくりと若い世代へと受け継がれる様子を描いています。上映後にはふたりの監督他のトークを予定しています(日伊逐次通訳付)。登壇予定者:アヌシュ・ハムゼヒアン、ヴィットーリオ・モルタロッティ、東盛あいか(『ばちらぬん』監督・出演)、松尾慎(東京女子大学コミュニケーション専攻...

インスタレーション「L’Isola」

インスタレーション「L’Isola」

2022 年 4月 21 日2022 年 5月 06 日

イタリア出身の映像作家アヌシュ・ハムゼヒアン氏と写真家のヴィットーリオ・モルタロッティ氏が与那国島をテーマに制作したインスタレーション作品を展示します。ふたりは3年間にわたって与那国の言語と文化、日常の移り変わりを捉え、音声と写真を組み合わせた空間美術で表現しています。なお、本作の映画版とも言えるドキュメンタリー『ヨナグニ~旅立ちの島~』を4月21日(木)にイタリア文化会館で特別上映します。詳細はこちらをクリックしてください。 お問い合せ: eventi.iictokyo@esteri.itヴェネツィア・カ・フォスカリ大学ジュゼッペ・パッパラルド氏による論考「日本やイタリアあるいは世界で危機的な状況にある言語」はこちらからご覧ください。  アヌシュ・ハムゼヒアン、ヴィットーリオ・モルタロッティ Anush...

F.P.トスティ生誕を祝して トスティに捧げる名曲コンサート25

F.P.トスティ生誕を祝して トスティに捧げる名曲コンサート25

2022 年 4月 08 日

F.P.トスティの誕生日(4月9日)を祝う「トスティに捧げる名曲コンサート」は今年で25回目を迎えます。日本トスティ歌曲コンクール入賞者がトスティ歌曲やオペラ・アリアなどを披露します。 プログラム第1部【日本歌曲】 山田耕筰/たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ...

トーク “Welcome, feeling at work”  ‐サステナビリティを超えた建築におけるRe-generationという概念‐自然との共生の可能性を実現する

トーク “Welcome, feeling at work” ‐サステナビリティを超えた建築におけるRe-generationという概念‐自然との共生の可能性を実現する

2022 年 3月 25 日

イタリア外務・国際協力省が毎年推進しているプロジェクト「イタリアン・デザイン・デー」。今年のイタリアン・デザイン・デーの一環として、イタリアで昨年立ち上がった2024年完成予定の建設プロジェクト展覧会「Welcome,...

パネルディスカッション「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」

パネルディスカッション「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」

2022 年 3月 24 日

イタリア外務・国際協力省が毎年推進しているプロジェクト「イタリアン・デザイン・デー」。今年のイタリアン・デザイン・デーの一環として、パネルディスカッション「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」と展示会を開催します。 パネルディスカッション在日イタリア大使館は、第6回「イタリア・デザイン・デー」にあたり、イタリア文化会館にて、イタリアにおける循環経済の現状、デザインと持続可能性、及び廃棄物を使用したデザイン製品に関するパネルディスカッションを開催します。イタリアでは、排出される廃棄物の79%がリサイクルされており、これは欧州平均を凌駕し、6,300万トンの二酸化炭素削減に相当します。したがって、イタリアは循環型経済大国なのです。この催しでは、伊日両国の建築家と専門家が、インテリアデザイン、自動車分野、ファッション、都市計画など多様な分野におけるリサイクル可能な素材の使用について、素材を使用せず完全にグラフィックな創造性に置き換える試みについて、研究課程と成果を語ります。パネルディスカッションと併せて、「イタリア、リサ愛クルしましょう~デザインと循環経済」展を開催します。同展には、農業及び産業の廃棄物、あるいはポストコンシューマ材料を再生して、製作された素材とデザイン製品が出品されます。 プログラム開会挨拶:駐日イタリア大使 ジャンルイジ・ベネデッティ パネルディスカッション:マッテオ・ベルフィオーレ(建築家) 「廃棄物から製品へ:イタリアにおける循環経済」アンテオ太郎・ボスキ眞田(建築家) 「アフターライフ。隈研吾の建築におけるリサイクルと再利用のいくつかの事例」ファビオ・フィリッピーニ(建築家) 「カーデザインとサステナビリティ:ピニンファリーナ・カンビアーノ・コンセプトカー」吉尾元貴(建築家) 「コルナゴC64...

展示会「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」

展示会「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」

2022 年 3月 24 日2022 年 4月 15 日

イタリア外務・国際協力省が毎年推進しているプロジェクト「イタリアン・デザイン・デー」。今年のイタリアン・デザイン・デーの一環として、展示会「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」とパネルディスカッションを開催します。 展示会 在日イタリア大使館は、「イタリア・デザイン・デー」にあたり、建築家マッテオ・ベルフィオーレ氏の協力を得て「イタリア、リサ愛クルしましょう~デザインと循環経済」展を開催します。本展には、イタリア企業によって、農業及び産業の廃棄物、あるいはポストコンシューマ材料を再生して、製作された素材とデザイン製品が出品されます。本展の展示品は、「メイド・イン・イタリー」製品の特徴である研究と技術革新の成果であり、デザインと持続可能性の両立を可能にしています。インテリア、テキスタイル、建築、日用雑貨など、デザインのあらゆる分野で利用される製品や素材が紹介されます。本展では、すべてリサイクル素材が使用されています。同展は、3月24日(木)18:00からイタリア文化会館にて開催される在日イタリア大使館主催の「循環型経済、デザイン、サステナビリティの現状に関するパネルディスカッション」において開会されます。出展者Arper...

イタリアン・デザイン・デー 2022

イタリアン・デザイン・デー 2022

2022 年 3月 23 日2022 年 4月 01 日

“Welcome, feeling at work”展‐サステナビリティを超えた建築におけるRe-Generationという概念‐自然との共生の可能性を実現する3月23日(水)~4月1日(金)月~金10:30~17:30 3/26(土)10:30~13:30 3/27(日)休館隈研吾建築都市設計事務所が手がけるミラノの旧リッツォーリ地区の再開発事業を紹介します。主催:イタリア大使館貿易促進部詳細はこちら。 パネルディスカッション「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」3月24日(木)18:00日伊両国の建築家、専門家がイタリアにおける循環経済の現状、デザインと持続可能性、廃棄物を使用したデザイン製品などについて語ります。イタリア語(日本語同時通訳付)主催:イタリア大使館詳細はこちら。 展示会「イタリア、リサ愛クルしましょう デザインと循環経済」3月24日(木)~4月1日(金)月~金10:30~17:30 3/26(土)10:30~13:30 3/27(日)休館建築家マッテオ・ベルフィオーレ氏の監修のもと、農業および産業廃棄物、あるいはポストコンシューマ材料を再生して製作された素材とデザイン製品を展示します。主催:イタリア大使館詳細はこちら。 トーク“Welcome,...

“Welcome, feeling at work”展  ‐サステナビリティを超えた建築におけるRe-generationという概念‐自然との共生の可能性を実現する

“Welcome, feeling at work”展 ‐サステナビリティを超えた建築におけるRe-generationという概念‐自然との共生の可能性を実現する

2022 年 3月 23 日2022 年 4月 15 日

イタリア外務・国際協力省が毎年推進しているプロジェクト「イタリアン・デザイン・デー」。今年のイタリアン・デザイン・デーの一環として、イタリアで昨年立ち上がった2024年完成予定の建設プロジェクト展覧会「Welcome,...

記憶の日2022 ドキュメンタリー「1938年 我々がイタリア人ではなくなった時」上映会

記憶の日2022 ドキュメンタリー「1938年 我々がイタリア人ではなくなった時」上映会

2022 年 1月 27 日

2000年7月20日、イタリア議会は1945年にソ連軍によってアウシュヴィッツ強制収容所が解放された1月27日を「記憶の日」(Giorno...

記憶の日2022 G.コーエン&P.ルッス&B.エラモ オンラインコンサート

記憶の日2022 G.コーエン&P.ルッス&B.エラモ オンラインコンサート

2022 年 1月 26 日2022 年 2月 20 日

2000年7月20日、イタリア議会は1945年にソ連軍によってアウシュヴィッツ強制収容所が解放された1月27日を「記憶の日」(Giorno...

講演会シリーズ「世界の書棚から」

講演会シリーズ「世界の書棚から」

2021 年 12月 22 日

板橋区立中央図書館と板橋区立美術館が共同で、在日大使館の職員や各言語の翻訳家を講師に招き、各国の注目の絵本作家や作品、最新出版事情などについて話す講演会シリーズを開催します。 第1回は 「友達や家族に贈りたいイタリアの児童書 ―Libri...

短編映画5選~一年で昼が一番短い日に~

短編映画5選~一年で昼が一番短い日に~

2021 年 12月 21 日

昨年から2年続けて夏にオンラインで短編を紹介してきましたが、今回は当館ホールにて、引き続き国立短編映画センター(Centro...


920