Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去のイベント

 

過去のイベント

検索フォーム

講演&対談「未来の都市をデザインする ミラノと東京-大型イベントと新しい都市ビジョン」

講演&対談「未来の都市をデザインする ミラノと東京-大型イベントと新しい都市ビジョン」

2019 年 3月 20 日

第3回イタリアン・デザイン・デー講演&対談「未来の都市をデザインする ミラノと東京-大型イベントと新しい都市ビジョン」 講師:スザンナ・トラダーティ(NEMESI...

ファブリツィオ・ソッティ・オルガントリオコンサート

ファブリツィオ・ソッティ・オルガントリオコンサート

2019 年 3月 14 日

ファブリツィオ・ソッティ ギターヴィクター・ジョーンズ ドラムブライアン・シャレット ハモンドオルガンファブリツィオ・ソッティ・オルガントリオは、イタリア人ギタリスト、ファブリツィオ・ソッティをリーダーに、アメリカ人ドラマー、ヴィクター・ジョーンズ、ハモンドオルガンのブライアン・シャレットからなるトリオです。本コンサートでは、ジャズ・スタンダードのほか、高い評価を得ているトリオのアルバム「インナー・ダンス」に収録されているソッティのオリジナル曲を演奏します。イタリアとアメリカのエネルギッシュなジャズマンたちのコラボによる魅惑のステージです。演奏曲(予定)Blue...

アカデミア・ヘルマンス コンサート「アルカンジェロ・コレッリとローマのバロック音楽」

アカデミア・ヘルマンス コンサート「アルカンジェロ・コレッリとローマのバロック音楽」

2019 年 3月 12 日

アカデミア・ヘルマンスファビオ・チェッカレッリ フラウト・トラヴェルソアレッサンドラ・モンターニ チェロファビオ・チョフィーニ チェンバロ本演奏会は、アルカンジェロ・コレッリと、彼が西欧音楽に与えた大いなる遺産へのオマージュです。プログラムにはオリジナル曲と編曲作品が並んでいます。18世紀には印刷出版業者が、こうした編曲作品の楽譜を数多く世に出しており、当時、「イタリア様式」、とりわけローマのバロック音楽が広く普及していたことを示しています。また、コレッリや弟子たちに代表されるこの様式は、18世紀中頃、当時流行っていたリコーダーやフラウト・トラヴェルソといった他の楽器のために書かれた多くの作品にも見られます。プログラム A.コレッリ(フジニャーノ...

Kimonomania – イタリア人デザイナーによるkimono展覧会

Kimonomania – イタリア人デザイナーによるkimono展覧会

2019 年 3月 09 日2019 年 3月 14 日

3月9日より14日まで、イタロ・マルセリア、サント・コスタンツォ、シルヴィア・ジョヴァナルディ、イヴァン・ドネフ、アレッサンドラ・ジャンネッティ、アンドレア・ランビアーゼ、ジェンティーレ・カトーネ、クリスチャン・ルオンゴ、フランチェスカ・ノーリ、ファブリツィオ・モイアーニといったイタリアの若手デザイナーが、着物にインスパイアされた服飾デザインを展示します。 歌劇へのオマージュも込めて、ローマ歌劇場の歴史アーカイブからの衣裳や、また、演劇や映画用衣裳の制作アトリエであるアンナモード・コスチュームズデザインの演劇衣裳も観ることができ、さらには、ガッティノーニのデザイナーであるギレルモ・マリオットの作品も展示されています。 トータルプロデュースを手がけるのは、ローマのオートクチュール最高峰でもある...

Proiezione cinematografica Sachsenhausen, le due facce di un campo

Proiezione cinematografica "Sachsenhausen, le due facce di un campo"

2019 年 3月 05 日

Ciclo di proiezioni cinematografiche per il Giorno della Memoria Il “Giorno della Memoria” è una ricorrenza...

Proiezione cinematografica Il cielo cade

Proiezione cinematografica "Il cielo cade"

2019 年 2月 26 日

Ciclo di proiezioni cinematografiche per il Giorno della Memoria Il “Giorno della Memoria” è una ricorrenza...

Proiezione cinematografica La casa dei bambini

Proiezione cinematografica "La casa dei bambini"

2019 年 2月 19 日

Ciclo di proiezioni cinematografiche per il Giorno della Memoria Il “Giorno della Memoria” è una ricorrenza...

コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「ラファエッロの秘密」

コスタンティーノ・ドラッツィオ講演会「ラファエッロの秘密」

2019 年 1月 31 日

講師:コスタンティーノ・ドラッツィオ(美術史家、随筆家)この天才画家にまだ秘密があるなら、答えはここにすべてある。37歳で自らの誕生日に死すという完璧な伝説を作った巨匠(マエストロ)。成功に成功を重ね、貴族のように富を蓄え、性愛に生きる。ラファエッロほど開放的で柔軟かつ優れた者はいなかった――『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き』、『カラヴァッジョの秘密』に続く<秘密>シリーズの最終刊、『ラファエッロの秘密』(河出書房新社,...

ジョヴァンニ・グイディ ピアノソロコンサート Planet Earth

ジョヴァンニ・グイディ ピアノソロコンサート Planet Earth

2019 年 1月 29 日

エンリコ・ラヴァに見いだされ、19歳でデビューして以来、目覚ましい活躍を続けるジョヴァンニ・グイディがピアノソロコンサートを開きます。グイディのピアニズムは、ビル・エヴァンズ、ポール・ブレイ、キース・ジャレット、レニー・トリスターノの流れをくみつつ、クリエイティヴィティに富んだ独自の世界を創り出しています。今回のコンサートでは、今年の春リリース予定のアルバムAvec...

エウジェニオ・デッラ・キアラ ギターコンサート「情愛とベルカント イタリアと西洋音楽の世紀」

エウジェニオ・デッラ・キアラ ギターコンサート「情愛とベルカント イタリアと西洋音楽の世紀」

2019 年 1月 25 日

18世紀中葉から19世紀初頭にかけて、ヨーロッパの主要都市では、他国の文化を受容することにより、国際色豊かな文化が息づいていました。...

ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネ&ジュリオ・ナポリターノ写真展「Un bagaglio leggero ふたりのイタリア人フォトグラファー スマホで日本を撮る」

ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネ&ジュリオ・ナポリターノ写真展「Un bagaglio leggero ふたりのイタリア人フォトグラファー スマホで日本を撮る」

2019 年 1月 23 日2019 年 2月 09 日

ジョルジョ・コズリッチ・デ・ペチーネとジュリオ・ナポリターノは2015年、インスタグラムを中心としたプラットフォーム14&15...

ピーノ・フォラスティエーレ アコースティックライブ

ピーノ・フォラスティエーレ アコースティックライブ

2019 年 1月 17 日

作曲家でギタリストのピーノ・フォラスティエーレが、ジャパンツアーの一環としてコンサートを開きます。フォラスティエーレの楽曲は、ジャンルの壁を越え、クラシック音楽、現代音楽、ロックが影響し合っており、16弦ギターの作品で構成された6枚目のソロアルバムVillage...

特別試写会「愛と銃弾」

特別試写会「愛と銃弾」

2019 年 1月 15 日

イタリア映画祭2018にて特別上映された、マネッティ・ブラザーズ監督の最新作『愛と銃弾』(原題...

アンサンブル・アルチペラゴ コンサート「最後の言葉」

アンサンブル・アルチペラゴ コンサート「最後の言葉」

2018 年 12月 15 日

アンサンブル・アルチペラゴ青木 涼子ヴァレリオ・サンニカンドロ実力派イタリア人作曲家ヴァレリオ・サンニカンドロを中心に、青木涼子と、この度誕生するアンサンブル・アルチペラゴが、イタリアと日本人作曲家の日本/世界初演を含む作品を演奏します。プログラムプロローグルチャーノ・ベリオ セクエンツァⅤ第一部馬場...

イタリアと日本 地政学資料図展

イタリアと日本 地政学資料図展

2018 年 12月 11 日2018 年 12月 15 日

12月11日(火)~15日(土)11:00~18:00 12月11日に開催する討論会「イタリアと日本 地政学における新たな挑戦」の関連企画として、地政学に関する資料図24点を展示します。これらの地図はラウラ・カナーリが製作し、イタリアの主要月刊誌Limesに掲載されたもので、両国の地理的環境が、それぞれの地域において、またグローバル世界において、政治的、経済的に与える影響などを示しています。 ラウラ・カナーリLaura...

討論会「イタリアと日本 地政学における新たな挑戦」

討論会「イタリアと日本 地政学における新たな挑戦」

2018 年 12月 11 日

12月11日(火)16:30~18:30(開場16:00)地政学に関するイタリアの主要月刊誌Limes(リメス)の協力を得て、イタリア文化会館とイタリア大使館が主催する本討論会では、イタリアと日本の専門家が、両国における現在の地政学上の問題を検証し、現代社会がもたらす挑戦に応えるために両国がどのような協力関係を構築し、シナジー効果を生み出すことができるかを議論します。議題として、つねに外交関係の中心を成してきた主要テーマを取り上げるとともに、近年の自由貿易協定によって推し進められたグローバルな経済地理学を背景に、両国の状況を比較し、検討します。 討論会を通して、日伊両国が主要な役割を果たしている国際情勢上の重要な問題について、専門家だけではなく一般の聴衆の皆さまにも理解を深めていただけることでしょう。[日伊同時通訳付] お申し込み方法:こちらをクリックしてください。お問い合せ:...

第三回「須賀敦子翻訳賞」授賞式

第三回「須賀敦子翻訳賞」授賞式

2018 年 12月 07 日

「須賀敦子翻訳賞」は1988年に創設、2007年に中断された「ピーコ・デッラ・ミランドラ賞」の後継として2014年に新設され、イタリア語の著作の優れた日本語への翻訳を評価、広く紹介することを目的とし、隔年で開催しています。去る10月25日、イタリア文化会館において、Silvio...

フラヴィオ・ナーティ ギターコンサート

フラヴィオ・ナーティ ギターコンサート

2018 年 12月 05 日

気鋭の若手ギタリスト、フラヴィオ・ナーティが、19世紀、20世紀のギター音楽の傑作から、日本、イタリア、スペイン、イギリスの作曲家の作品を取り上げて演奏します。演奏会は、ギターをこよなく愛した武満徹の最後の作品「森のなかで」で幕を開け、イタリア・ロマン派の作曲家、ニコロ・パガニーニとジュリオ・レゴンディの作品が続きます。その後のフリアン・アルカスは、19世紀にスペインで活躍したギタリスト、作曲家ですが、本公演での演奏曲は実にイタリア的です。公演を締めくくるのは、20世紀後半のギター音楽の傑作のひとつとされるベンジャミン・ブリテンの「ノクターナル」です。16世紀の作曲家で英国王室のリュート奏者であったジョン・ダウランドの歌曲「来たれ、深き眠りよ」が主題となっている作品です。プログラム武満...

ミュオグラファーズコンサート

ミュオグラファーズコンサート

2018 年 12月 01 日

ミュオグラフィに関する10回目の国際会議“Muographers2018”の一環として、ふたりの現代音楽の作曲家が素粒子ミューオンに着想を得て創った作品などを演奏するコンサートを行います。 クラリネット コハーン・イシュトヴァーン演奏 東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団指揮 松岡...

Muographers 2018

Muographers 2018

2018 年 11月 29 日2018 年 12月 01 日

ミュオグラフィとは、ミューオンという素粒子を使って、物体内部を投影する可視化技術です。それは、レントゲン写真のようなものですが、より大きな物体を投影することができるのです。ミュオグラフィは、さまざまな領域で応用が始まっており、ヴェスヴィオ山やエトナ山のような火山や、エジプトやメキシコのピラミッドの透視画像が撮影されています。宇宙研究への応用も考えられており、また、多分野のアーティストがミュオグラフィからインスピレーションを受けています。 “Muographers”は今年で10回目を迎え、素粒子物理学、火山学、地震学、文化遺産の研究者が集う国際会議やセミナー、展覧会、コンサートが4日間にわたり行われます。イタリア文化会館では、11月29日から12月1日までの3日間に、国際会議、セミナー、レクチャー、展覧会、コンサートが開催されます。 イタリアからは、サレルノ大学、カターニア大学、イタリア国立核物理学研究所、イタリア国立地球物理学火山学研究所の研究者が参加します。 *会議、ワークショップ、講演会はすべて英語で行われ、通訳はつきません。 スケジュール(会場:イタリア文化会館) 11月29日(木)13:00~18:0011月30日(金)10:30~14:00国際会議...


920